凪~小説・写真サイト~                    
  作品   レビュー   写真   日記   プロフィール
                     


2008年11月11日

乃南アサ「涙」


涙 上巻   新潮文庫 の 9-15涙 上巻 新潮文庫 の 9-15

新潮社 2003-01
売り上げランキング : 200077
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

いろいろなところを旅して人を探しつつ、殺人事件の真相を探る ミステリー。

後半は、やはり乃南さん、という力を感じました。
人の心の動きを捉え、読者の心を本当にしっかり捉える人だな。
ただ、正直、前半、いろいろなところを探すけれど見つからない、 という部分が長いのは、ちょっと飽きてしまった。
けど、そういう長さがあるから、最後の再会に読者も感動できる のかもしれないし、物語の構成とかバランスについて、改めて 考えるきっかけになりました。

2008年7月24日

乃南アサ「しゃぼん玉」

しゃぼん玉 (新潮文庫)しゃぼん玉 (新潮文庫)

新潮社 2008-01-29
売り上げランキング : 110222
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

久しぶりの乃南さんの作品を読んだ。

乃南さんもミステリー作家と分類されるけれど、 伊坂さんとはまた全く違い、もっと、人の心とかテーマにまっすぐ正面から向き合っている作家、という気がする。

今回の作品は特に、「思いがけない展開」になるわけではないけれど、それでも、最後まで読ませ
てしまう力がある。
そして、あぁ、分かるな、と思う。

無差別殺人などが多いこの時代へのメッセージなのだろう。
人の心をとかすのは、人との出会いでしかない、と。

とても温かい気持ちになれた。
心が疲れた人にもお薦め。


ただ、もうちょっと心が元気な人には、乃南さんの心理描写の傑作中の傑作、「風紋」と「晩鐘」を
読んでもらいたい!
犯罪被害者の家族のその後を追っていったもので、特に「ミステリー」的な要素はなく、ただ淡々と、
その登場人物のその後を描いているのだけれど、これが本当に上手い!
なんで人の気持ちをここまで想像して描けるのだろう、と感動する。
強くお薦め!

 

Top ・ Works ・ Photos ・ Diary ・ Profile