凪~小説・写真サイト~                    
  作品   レビュー   写真   日記   プロフィール
                     


2010年4月11日

奥田英朗「町長選挙」

町長選挙 (文春文庫)町長選挙 (文春文庫)

文藝春秋 2009-03-10
売り上げランキング : 4440
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最近、ぼけていて、以前読んだ本を買ってしまったり、以前見た映画のDVDを借りてしまったりする......。

この「町長選挙」も単行本のときに読んでいたのに、忘れて文庫本を買ってしまった(汗)

でも、再び楽しめた。

この作品は、「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」に続く、精神科医・伊良部先生が主役の第3弾のコメディ。

短編4つで構成されていて、最初の3つは、名前を変えているけれど、あきらかに巨人のオーナー渡辺さん(今もオーナー?)、ほりえもん、黒木瞳を風刺した内容になっている。

単行本で読んだときはそれなりに「今」の話だったので、おもしろおかしく読みながらも、こうやって実在の人物を使うのはどうかな......と思い、「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」に比べるとちょっと落ちるかな、と思っていたけれど、時代のブームが去って、改めて読むと、なかなかよく考えて組み立てられている作品だなぁ、と思った。

「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」「町長選挙」とも、なにか心に不安などがあり、それがなにかしらの症状になって表に出てきてしまっている人が、精神科医の伊良部先生のところに行く、というところから始まる。
でも、伊良部先生は、太った子供みたいな、「馬鹿としか思えない」おじさん。
ただ、人目も気にせず、脱力して、超自然体で生きている伊良部先生が、呟くような感じに口にする言葉が、案外的を射ていて、ちょっとずつ「患者」が快方に向かう、という話。
すっごく簡単にまとめると。

この話は、ただひたすら、伊良部先生のキャラクターの魅力によって作られている。非常にバカなようで、でも、もしかしたら、ものすごく色々なことを考えていて賢いのかもしれない、とほんの一瞬思わせ、でもやっぱり、バカなんだろう、としか思えない......というキャラクター。

一つ一つの行動や、言葉が非常に面白い。

でも、1回目読んだときは、ただ「コメディ」として読んで、笑って楽しんで終わりだったのだけれど、改めて読んでみると、意外と深いテーマがそこに潜んでいるようにも思えるし、一人ひとりの患者の「立場」と、現れる「症状」と、「解決策」が素晴らしく説得力のあるつくりになっているということにも気づく。

改めて、奥田さん、すごい!
と、読み返してみて思った。
このシリーズ、読んだことがない人は、本当、読んで!!
これぞ、エンタメ小説!

2006年11月 4日

奥田英朗「ガール」


ガールガール
奥田 英朗

講談社 2006-01-21
売り上げランキング : 48861
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

奥田英朗は一番「イン・ザ・プール」が好きで、伊良部先生のシリーズは少しずつトーンダウンしている感じがしてちょっと残念なのだけれど、この作品を読んで、奥田さんの作品全体がトーンダウンしている訳ではないのだ、と安心し、うれしくなった。

この本は30代前半の「微妙な年頃」の女性を主人公にする5つの短編から成っている。「30代前半の女性」と一言でいっても、それぞれタイプは違っていて、独身もいれば既婚もいて、子供がいる人もいる。
ただ共通しているのは、みんな大手の会社に勤め、十何年かのキャリアを持ち、ばりばり働いているところだ。子供がいる人、にしても、旦那とは別れてしまったシングルマザーだし、唯一既婚の第一話の主人公にしても、仕事を優先するため、子供は作っていない。......つまりどの生き方も、ここ10年くらいでメジャーになってきた女の生き方、なのかもしれない。
角田光代さんの「対岸の彼女」とは違って、子供を産んで専業主婦になっているような女性は出てこない。「30代OLの話」とするとまとまってしまうかもしれない感じ。

私はこの本の主人公たちとは大分違うところで生きているけれど、子育てに専念する専業主婦でもないので、彼女たち以上に微妙なところにいるかもしれない。
ただ本当、この作品は男の人が書いたとは思えないほど、女性のその「微妙」な立場を描き出していて、上手いなぁと感じた。普通の男だったら書けない。女だったら書けるかもしれない。でも、女には書いて欲しくないような気もする、そんな本だった。
一つの話のなか、独身で会社勤めの主人公が、同窓会で子育て真っ最中の専業主婦に会っていう言葉が印象的だった。そしてそのあとの一言のまとめ。
「女は生きにくいと思った。どんな道を選んでも、ちがう道があったのではと思えてくる」
この本の登場人物と同じ世代の女性として時々感じている閉塞感は、この一言に尽きるのかもしれないなぁ、と奥田さんに拍手したくなった。よくぞ言い当てた!(笑)

全員、いろいろなことで悩みながらも、短編の最後はすがすがしく終わる。だから安心して読めた。
ちょっと強引にハッピーエンドにしたというのもなくはなかったけれど、一人一人の一生懸命さに声援を送りたくなり、彼女たちに光(解決にいたる道、考え方)が見えたことを一緒に祝いたくなった。
私もまだまだ微妙な「ガール」なのだけれど(笑)、29の後半や30の前半に感じていたような焦燥感はなくなったし、年相応に仕事のできる(仕事というのは、外の仕事だけじゃなく、家の中の仕事も含めてね)かっこいい「女性」を目指していこう、と思います。

同世代の人には、ちょっと耳の痛い話もあるかもしれないけれど、自分の人生を改めて考えさせられたりもして、いいかもしれない。
男の人にも、「女の世界ってこうなんだ」と知ってもらうために、読んでもらいたいな、なんて思います。

 

Top ・ Works ・ Photos ・ Diary ・ Profile