凪~小説・写真サイト~                    
  作品   レビュー   写真   日記   プロフィール
                     


2009年11月16日

本多孝好「MOMENT」


MOMENT (集英社文庫)MOMENT (集英社文庫)

集英社 2005-09-16
売り上げランキング : 4412
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

久しぶりに本多さんの「MISSING」と「MOMENT」を読み直す。

最近、長編も書いているけれど、初期のころの作品はほとんど短編。

長編もいいけれど、本多さんの良さはやっぱりこういう短編集にあるよな、と改めて思う。
「MISSING」もいいけれど、「MOMENT」のほうがデビューしてから数年後くらいの作品集のため、完成度が高く、安心して読める感じ。

知り合いが「MISSING」を読み(MISSINGの第1話目がデビュー作)、「これでデビューできたのは運がいいよね。デビュー作は本当に下手だと思った。でも、どんどんうまくなってきているのが分かる」とコメントしていたけれど、改めて読み返してみると、確かに完成度は上がっていっているのが分かるかも。

本多さんの作品は、東野さんとか乃南さんの作品などと違って、「ひょっとしたら私にも書けるんじゃないか」などと思わせる身近さがあるけれど、こういう独特の世界観、透明感は、誰にでも出せるものではないよなぁ。

一応すべての話が「ちょっとしたミステリー」で、読み終わると、あぁ、と納得できる。
でもそれだけじゃなくて、読んでいる時間が心地いい。
その心地よさがなにより、本多さんの作品の魅力だろう。

最新刊「WILL」は、「MOMENT」の続編。
「WILL」の主人公は「MOMENT」の主人公の幼馴染で「MOMENT」にもしばしば登場する葬儀屋の女性。

「WILL」はまだ3分の1くらいしか読んでいないけれど、「MOMENT」と似た世界観を持った短編集になっている。
ただ、いまのところ、「MOMENT」のほうが好きかな。

WILLWILL

集英社 2009-10-05
売り上げランキング : 1751
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2008年12月15日

本多孝好「チェーン・ポイズン」


チェーン・ポイズンチェーン・ポイズン

講談社 2008-10-30
売り上げランキング : 19090
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本多さんはミステリー作家だけれど、あまりミステリーらしい ミステリーは書かない人。
今回は、ちょっとした「どんでん返し」があって、ミステリー っぽくもあるけれど、最近、ミステリーを読みすぎなのか、 はじめの数十ページで、この「どんでん返し」は予想できて しまった......。


本多さんは、そういう構成的なものがすごいわけでもないし、 乃南さんや雫井さんのように心理描写、キャラクターの描写が すごく上手いわけでもないと思う。
でも、思わず読んでしまう。
読ませてしまう。
それって何の力だろう......?

私は純粋に、本多さんの作品は読んでいて心地いい。
それは「文体」なんだろうか? 「描写」なのだろうか?
「世界観」なんだろうか?

今回は「生きる」ということについて、真正面から捉えた 意欲作だった。
出てくる人物の一生懸命さは良かった。
もしかしたら、本多さんの魅力は、登場人物を通じて垣間 見える作者の人生に対する温かい視線なのだろうか。

2007年7月13日

本多孝好「正義のミカタ」

本多孝好さんの本を読みました。

正義のミカタ―I'm a loser正義のミカタ―I'm a loser

双葉社 2007-05
売り上げランキング : 25859
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

私も大好きで、ファンも多いはずなのに、たま~にしか本を出さない本多孝好さんの新作。
今までのおしゃれな雰囲気とはがらりと変わり、テーマとか主張が分かりやすくなっているけれど、その分、「あぁ、もともとミステリーの人だっけ」と思い出す、エンターテイメント調になっていて、長いのだけれど、さらりと読めた。
やっぱり本多さんは上手いなぁ。
昔は短編しか書かなかったし、初めて書いた長編は「?」だったけれど、着実に長いものを書く力をつけているし、本当、常に成長している感じがいい(短編は初めから上手いけれど)。
今回の作品も、結局、善とはなにか悪とはなにか、というようなテーマになっているのだけれど、格差社会とか、ネットビジネス系の話とか、「今」の問題を正面から捕らえている。それで、作者の主張もあるのだけれど、それぞれ異なった意見の登場人物の言葉すべてに、きちんと説得力があって、うすっぺらさがなかった。
「あぁ、こういう人、いそう」「こういう考えの人もいるだろうなぁ」という感じ。
ビジネス書に飽きたときには是非!
「MISSING」「MOMENT」など初期の短編集は、文庫本になっているし、短編だから短い時間で読めるし、そちらも読んだことのない人にはお勧めです☆

 

Top ・ Works ・ Photos ・ Diary ・ Profile