凪~小説・写真サイト~                    
  作品   レビュー   写真   日記   プロフィール
                     


2005年12月30日

嶽本野ばら 「シシリエンヌ」


シシリエンヌ (新潮文庫)シシリエンヌ (新潮文庫)

新潮社 2008-05-28
売り上げランキング : 168210
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

12月25日、クリスマスに旦那さんをほっぽり出してサイン会に行ってきました。なんていうのか、ちょっとした仕草や対応、言葉から、気遣いのあるいい人だということがにじみ出てきている。サインしてくれるだけじゃなくて、一人ひとりと握手をして写真を撮ってくれたり、カメラがデジカメだと、一緒にモニターを覗きこんで、「これで大丈夫?」とかチェックしてくれる。うむ~、いい人だぁ。
 ただまわりに、感極まって泣いている人が何人かいたが、その気持ちはちょっと分からなかった。そんな有名人に恋いこがれられるほど私も若くないってことか......(^^;)

 と、野ばらさん本人のことは今でもとっても魅力的だと思うのだけれど、作品からはちょっと気持ちが遠ざかり気味かなぁ。今までの作品はエッセイ以外全部読んだけれど、やはり初期の作品のような浸れる世界が今は感じられない。
 今回は「挑戦」的な意味も含めて、かなり「官能小説」という感じの中身だったのだけれど、それが問題だということではなくて、以前あった、今にも切れそうな繊細さとか差し迫った痛みみたいなものが消えてきた。
 ある程度大人になってから小説を書き始めた人の中には、幸せになってしまうと書くべきことがなくなって書けなくなってしまう、と言う人がいるけれど、もしかしたら野ばらさんもそうなのかな。今の、ファンというたくさんの理解者がいる環境は、「幸せ」な状態で、だから、「自分のことを分かってくれるのはあなただけ」という、野ばらさんの世界をささえていた閉塞感みたいなものが、どこか作り物のようになってきてしまった。......そんな感じかと。

 まぁ、デビューもできていない「自称」作家が偉そうなこと言えたものじゃないのだけれど、でも、ファンとしては、もうちょっと書くペースを落として、初期の頃の質の作品がまた読んでみたいなぁ、と思ってしまうのです。「エミリー」を初めて読んだときの感動をもう一度!です。
 今回の作品は、やっぱり性的な描写は、男の視点だなぁ、と感じさせたし(まぁ、正常に男の人の感覚で良かった、という部分もありますが......)、ストーリーや設定が強引で、唐突で納得できなかったり、つっこみをいれたくなった。Hな描写も、服の説明も、もっとずっと削っていってしまったほうが、本当に書くべき核には近づけるのではないか。......と思うのだけれど、どうなんだろう。
 電話で、野ばらさん本人が「シシリエンヌ」について語っているのを聞けたらしいけれど、気づいたら28日までだった。あ~、聞きたかった。多分、もっと説明を加えてもらえないと、野ばらさんの意図はくみ取りきれない。
 最後、「貴方」のとった行動は、言葉で説明されて頭では分かっても、腑に落ちない。だから共感できず、消化不良な感じがする。もっと行間から、余白から伝わってくる想いとか悩みとか苦しみとか悲しみが欲しい。大学時代、三田誠広先生に「小説では、孤独という言葉を使ったら終わりです。孤独という言葉を使わずに、孤独だと伝えることが小説です」と言われたことなども、最後の方、思い出したりした。野ばらさんは太宰治の影響を受けている人だから、ストレートな感情の吐露もいいのかもしれないけれど、私には、「何か違う......」と感じられてしまいました。
 きっと個人的な好みなんだろうけれど......。あ"~。(笑)

2005年7月24日

「下妻物語―ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件 (完)」嶽本 野ばら


下妻物語・完―ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件下妻物語・完―ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件

小学館 2005-07
売り上げランキング : 186660
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

二週間前、また渋谷リブロまでサイン会に行ってしまいました。そして野ばらさんは、やはり素敵でした☆
 が、この本は......ちょっと残念。いや、ちょっとじゃないかも......。「下妻物語」自体がとても良かっただけに、ただそこで作ったキャラクターを自分でパロディーにしてしまったのだろうか、という気がした。

 でもそれはこの小説が中途半端に「殺人事件」だったため、それなりの展開やストーリーの起伏を期待してしまったのが間違いだったというだけかもしれない。もしかしたらこういう本の楽しみ方を知っている人もいて、私には読みこなせていないというだけかも。実際、ネットで調べてみると、好意的な意見が多いし。(でも野ばらさんにはコアファンが多いから、何を書いても許される空気もあるのかな?)
 野ばらさんの筆力は、シリアスなところに上手く笑いを取り入れたり、盛り上がっているところをわざと台無しにしてみたりするところにもあると思うのだけれど、今回はちょっとそれもやりすぎな感じがした。あと、初めの方は「下妻物語」の説明のためのあらすじになってしまっているように思えたのも、読みづらく感じた要素かも。続き物とか連載って難しいとは思うけれど、「以前の話を知りたかったら前の作品を読め!」ってくらいの強さがあってもいいのではないかと私は思ってしまった。
 ラストもちょっと強引な気はしたけれど、ただ、桃子とイチゴの友情というか、愛情はひしひしと感じられたので、そこだけは良かったかな。女には描けない、女同士の素敵な関係がそこにはある、って感じ。こんな親友がいたらいいよなと思う。
 まとめは......文学として読むと、どうして「エミリー」ほどのものを書ける人がこんなものを書くのだ?!というもどかしさがあるのだけれど、コミック感覚で読めば、おもしろいことはおもしろく、エンタメとしては価値有りです、というところでしょうか。
 今回の感想は自分でもちょっと自信なさげ......(笑)

 

Top ・ Works ・ Photos ・ Diary ・ Profile