凪~小説・写真サイト~                    
  作品   レビュー   写真   日記   プロフィール
                     


2010年11月 7日

「手塚雄二 一瞬と永遠のはざまで」

手塚雄二さんという日本画家の美術展に行ってきた。

以前から知っていたということではなく、ただ、ぴあかなにかで作品の写真を見て、心惹かれていたので。

ただ、モノクロの静謐な林の画に惹かれて行ってみたら、去年、電車のつり広告で見て気になっていた絵の作者だった。

気になっていたのは、二頭の虎の絵
http://sophiazure.tumblr.com/post/170875804
(知らない人のサイトに勝手にリンク)

今回の展示にもこの虎の絵があり、やっぱり心が釘付けになった。


ただ、今回の展示の多くは、人や動物の息づかいや熱を感じさせない、非常に静かな風景画だった。

日本画の描き方を私はよく知らないけれど、手塚さんは、何度も何度も塗った絵の具をはがしては、塗り、はがしては塗り......と繰り返し、色がもう落ちないくらい紙にしみこませていく手法で描いているらしい。
確かに言われてみると、一枚一枚の絵は、非常に層が厚く、ぱっと見た表面の絵の奥に、隠された深みを感じさせた。

青や緑、そして金色がとても綺麗だった。


こういう静かな絵と向き合う時間は、目を閉じて自分の内側に意識を集中させる瞑想の時間に近いものがある気がする。
心の中が自然と落ちつき、普段は波打っている体のなかの湖みたいなところが、しんと凪ぐ感じ。


展示は横浜そごう内の美術館で、11月28日(日)まで開催。
おすすめ!
http://www.asahi.com/event/AIC201010070006.html

 

新しいブログにて活動しています。

「働くビタミン・生きるミネラル」

自己肯定感を高め、自分の心を満たし、しあわせに生き、しあわせな人間関係を構築し、しあわせに働くためのヒント集です。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nagi97.com/mt/mt-tb.cgi/152

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

 

Top ・ Works ・ Photos ・ Diary ・ Profile