凪~小説・写真サイト~                    
  作品   レビュー   写真   日記   プロフィール
                     


2010年4月11日

DVD「ココ・アヴァン・シャネル」

ココ・アヴァン・シャネル特別版 [DVD]ココ・アヴァン・シャネル特別版 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-01-20
売り上げランキング : 184
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「アメリ」の女優さんがシャネルを演じた映画をDVDで見た。
最近ようやく家も地デジ対応の液晶テレビになったのですが、今までテレビなど見られればいいと思っていたけれど、DVDを見るときはやはり、新しくなって良かった、と思う。
フランス映画らしく、かなり映像に気を使った美しい映画だということが、それで分かったので。

恋愛映画としてはおもしろい。飽きずに見られるし、上にも書いたように、映像もきれい。
シャネルの時代の風習や貴族的な生活も垣間見られて、なかなか心地よい作品だった。

ただ、この映画の核はなんだろう?
シャネルの映画というので、孤児から自力でトップデザイナーに上り詰めるまでを描いた作品かと思ったが、「自力で這い上がる」というより、ただたまたま知り合った貴族の世話になり、いいように利用したり、普通の女性らしく恋愛も楽しんでいる、というようにしか見えなかった。
それが非常に残念。

別に、シャネルの話であったって、「知られていない女性としての一面を描いた」ということで、描ききって、宣伝もそうやってもいいと思うのだけれど、中途半端に決められていないところが、評価を下げる一因だろう。
最後、唐突にデザイナーとして成功しちゃっているのも、うむ......だった。

やはり、エンターテイメントであろうと、芸術作品であろうと、表現するからにはなにかしら人に伝えようと思って作品をつくっているわけで、伝えようと思うなら、「何」を伝えたいのか考え、それを伝えるためにはどういう構成が必要なのか考えるのが大切だな、ということを改めて思った。

ただ、そんな変な「作り手」の批評の目を持たず、純粋におしゃれな映画を楽しみたい、ということなら、問題なく薦められる作品でもあった。
決してつまらなくもないし、駄作でもない。
ただ本当に、軸がぶれただけだ。

新しいブログにて活動しています。

「働くビタミン・生きるミネラル」

自己肯定感を高め、自分の心を満たし、しあわせに生き、しあわせな人間関係を構築し、しあわせに働くためのヒント集です。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nagi97.com/mt/mt-tb.cgi/144

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

 

Top ・ Works ・ Photos ・ Diary ・ Profile