凪~小説・写真サイト~                    
  作品   レビュー   写真   日記   プロフィール
                     


2010年4月11日

奥田英朗「町長選挙」

町長選挙 (文春文庫)町長選挙 (文春文庫)

文藝春秋 2009-03-10
売り上げランキング : 4440
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最近、ぼけていて、以前読んだ本を買ってしまったり、以前見た映画のDVDを借りてしまったりする......。

この「町長選挙」も単行本のときに読んでいたのに、忘れて文庫本を買ってしまった(汗)

でも、再び楽しめた。

この作品は、「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」に続く、精神科医・伊良部先生が主役の第3弾のコメディ。

短編4つで構成されていて、最初の3つは、名前を変えているけれど、あきらかに巨人のオーナー渡辺さん(今もオーナー?)、ほりえもん、黒木瞳を風刺した内容になっている。

単行本で読んだときはそれなりに「今」の話だったので、おもしろおかしく読みながらも、こうやって実在の人物を使うのはどうかな......と思い、「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」に比べるとちょっと落ちるかな、と思っていたけれど、時代のブームが去って、改めて読むと、なかなかよく考えて組み立てられている作品だなぁ、と思った。

「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」「町長選挙」とも、なにか心に不安などがあり、それがなにかしらの症状になって表に出てきてしまっている人が、精神科医の伊良部先生のところに行く、というところから始まる。
でも、伊良部先生は、太った子供みたいな、「馬鹿としか思えない」おじさん。
ただ、人目も気にせず、脱力して、超自然体で生きている伊良部先生が、呟くような感じに口にする言葉が、案外的を射ていて、ちょっとずつ「患者」が快方に向かう、という話。
すっごく簡単にまとめると。

この話は、ただひたすら、伊良部先生のキャラクターの魅力によって作られている。非常にバカなようで、でも、もしかしたら、ものすごく色々なことを考えていて賢いのかもしれない、とほんの一瞬思わせ、でもやっぱり、バカなんだろう、としか思えない......というキャラクター。

一つ一つの行動や、言葉が非常に面白い。

でも、1回目読んだときは、ただ「コメディ」として読んで、笑って楽しんで終わりだったのだけれど、改めて読んでみると、意外と深いテーマがそこに潜んでいるようにも思えるし、一人ひとりの患者の「立場」と、現れる「症状」と、「解決策」が素晴らしく説得力のあるつくりになっているということにも気づく。

改めて、奥田さん、すごい!
と、読み返してみて思った。
このシリーズ、読んだことがない人は、本当、読んで!!
これぞ、エンタメ小説!

DVD「ココ・アヴァン・シャネル」

ココ・アヴァン・シャネル特別版 [DVD]ココ・アヴァン・シャネル特別版 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-01-20
売り上げランキング : 184
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「アメリ」の女優さんがシャネルを演じた映画をDVDで見た。
最近ようやく家も地デジ対応の液晶テレビになったのですが、今までテレビなど見られればいいと思っていたけれど、DVDを見るときはやはり、新しくなって良かった、と思う。
フランス映画らしく、かなり映像に気を使った美しい映画だということが、それで分かったので。

恋愛映画としてはおもしろい。飽きずに見られるし、上にも書いたように、映像もきれい。
シャネルの時代の風習や貴族的な生活も垣間見られて、なかなか心地よい作品だった。

ただ、この映画の核はなんだろう?
シャネルの映画というので、孤児から自力でトップデザイナーに上り詰めるまでを描いた作品かと思ったが、「自力で這い上がる」というより、ただたまたま知り合った貴族の世話になり、いいように利用したり、普通の女性らしく恋愛も楽しんでいる、というようにしか見えなかった。
それが非常に残念。

別に、シャネルの話であったって、「知られていない女性としての一面を描いた」ということで、描ききって、宣伝もそうやってもいいと思うのだけれど、中途半端に決められていないところが、評価を下げる一因だろう。
最後、唐突にデザイナーとして成功しちゃっているのも、うむ......だった。

やはり、エンターテイメントであろうと、芸術作品であろうと、表現するからにはなにかしら人に伝えようと思って作品をつくっているわけで、伝えようと思うなら、「何」を伝えたいのか考え、それを伝えるためにはどういう構成が必要なのか考えるのが大切だな、ということを改めて思った。

ただ、そんな変な「作り手」の批評の目を持たず、純粋におしゃれな映画を楽しみたい、ということなら、問題なく薦められる作品でもあった。
決してつまらなくもないし、駄作でもない。
ただ本当に、軸がぶれただけだ。

 

Top ・ Works ・ Photos ・ Diary ・ Profile