凪~小説・写真サイト~                    
  作品   レビュー   写真   日記   プロフィール
                     


2009年10月24日

東野圭吾「宿命」


宿命 (講談社文庫)宿命 (講談社文庫)

講談社 1993-07
売り上げランキング : 6332
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

結構初期の頃の作品だと思うけれど、はじめからこの人は本当に上手かったのだな、と改めて感じさせられる作品だった。

非常に楽しんで読めた。

小学校の頃から"ライバル"だったふたり。そのうち一人は警察官になり、もう一人はある事件の関係者になる。警察官になった主人公は、元ライバルを疑い、追い詰めていくが、結末では思いがけない二人の"宿命"が明かされる。

文庫本のラストで東野さんのインタビューでのコメントが紹介されていた。

「初期作品のような、殺人事件があって、トリックがあって、犯人はこの人、というような意外性だけの作品では物足りなくなってきました。これならいくつ書いても同じだと思うんですね。まだ試行錯誤の段階ですが、ミステリーではないといわれてもいいから、そいういう作品は避けて通りたいと思っています」

この言葉は、重い。

少し前に東野さんの「探偵の掟」を紹介したけれど、東野さんが、はじめはトリックを命にした「本格推理」を書いていたけれど、次第に「もっと広い意味でのミステリー」を模索し始めたことが、よく分かる。

でも、ピカソやダリは、奇想天外な絵を描きながらも、その基本には誰にも負けないほどの基礎的なデッサン力があった。

ミステリー作家にも、「本格推理」を書く力というのが"基礎力"として必要なのかもしれない、などということも思った。

でも、東野さんの作品を読むと、ミステリーというジャンルの幅広さとか可能性を感じられるのはいいな。
私も書くとしたらあくまで"広義のミステリー"を書きたい。

誰が殺したのか考えるのでも、人を殺して自分が疑われないためのトリックを必死に考える、というのではなく、もっと、「なぜこんなことが起こったのか?」「事件を起こした本人は、どんな気持ちで、どんな必要性にかられてそんな行動に走ったのか?」などを追っていく"ミステリー"がいい。

しかもできれば、その行為に走ったのは、利己的な理由ではなく、"誰かのためだった"という、心温まるラストにつなげられたらいい。

今はそんなことを思いながら、ミステリーを分析しつつ読み、自分の小説の可能性を広げるべく、"広義のミステリー"を書いています。

新しいブログにて活動しています。

「働くビタミン・生きるミネラル」

自己肯定感を高め、自分の心を満たし、しあわせに生き、しあわせな人間関係を構築し、しあわせに働くためのヒント集です。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nagi97.com/mt/mt-tb.cgi/80

トラックバック

» 東野圭吾『宿命』 from itchy1976の日記
宿命講談社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『宿命』を紹介します。あるとき、殺人現場に出くわしたときに、運命的に再会することになる。一方は、殺人... 続きを読む

» 東野圭吾「宿命」(講談社ノベルス) from 本の虫
 東野圭吾「宿命」(講談社ノベルス)を読了。平成2年に発表された小説。宿命という言葉を辞書で引くと、「生まれる前の世から定まっている人間の運命」とある。い... 続きを読む

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

 

Top ・ Works ・ Photos ・ Diary ・ Profile