凪~小説・写真サイト~                    
  作品   レビュー   写真   日記   プロフィール
                     


2009年10月23日

雫井脩介「虚貌」


虚貌〈上〉 (幻冬舎文庫)虚貌〈上〉 (幻冬舎文庫)

幻冬舎 2003-04
売り上げランキング : 92471
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 犯人は誰か、とか、どういうトリックを使ったのか、というところに重きを置いて読むと「あれ?」という感じがしてしまうけれど、ミステリーだと思わず、エンターテイメントの要素もある純文学として読むと非常に上手く、深い作品だと思う。

 タイトルの通り「貌」って何かと突き詰めていった作品だと考えると、様々な視点からの考察があり非常に興味深い。

 やはり雫井さんは人の描写も上手いし、人の暗い面も含めて非常によく描き出していると思う。
 フィクションを支えるのは結局のところ、人物の"リアリティ"だということを感じる。雫井さんはそういった意味で、本当によく人を観察している。
 あぁ、こういう人、いそうだよね、とすべての人物に対して思える。

 ただ、最後はこれでいいのだろうか、という気もして、手放しで推せない気もするけれど、重みのある一冊を読んだという充実感はあった。

 改めて、ミステリーってなんだろう、と考えるうえでも、勉強になる作品だった。

新しいブログにて活動しています。

「働くビタミン・生きるミネラル」

自己肯定感を高め、自分の心を満たし、しあわせに生き、しあわせな人間関係を構築し、しあわせに働くためのヒント集です。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nagi97.com/mt/mt-tb.cgi/79

トラックバック

» 虚貌(雫井脩介) from Bookworm
雫井作品を読んだのは、これが2作目。前回読んだ「犯人に告ぐ」よりも面白かった!最後まで一気に読んでしまいました。 続きを読む

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

 

Top ・ Works ・ Photos ・ Diary ・ Profile