凪~小説・写真サイト~                    
  作品   レビュー   写真   日記   プロフィール
                     


2009年1月 4日

伊坂幸太郎「モダンタイムス」

伊坂さんのモダンタイムスを読みました。

モダンタイムス (Morning NOVELS)モダンタイムス (Morning NOVELS)
伊坂 幸太郎

講談社 2008-10-15
売り上げランキング : 1092
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一番最近読んだのが「終末のフール」、その前が「砂漠」「魔王」「死神の精度」という順だったと思うのだけれど、このあたりの4作は、私の中では「何かが違う......」という感じで、物足りなさを感じていたのだけれど、これは、「これぞ伊坂さん!!」と嬉しくなるような作品だった。

漫画週刊誌に1年間連載したものをまとめた、とあとがきを読んで知ったのだけれど、これだけのものを毎週書いて出せるってすごいな~、と、ただただ感心。

この作品は「魔王」の続きで、超能力の話、政治の話、自分で思考しないと大変な力に取り込まれてしまうという話......などが引き続き語られる(読んでいない人には、意味がさっぱり分からない説明だと思いますが......すみません)。
やはり「魔王」を読んでから読むのがいいと思うけれど、読んでいなくても楽しめるとは思う。

「魔王」の続編ということで、設定は未来。
システムエンジニアだった伊坂さんが、たぶん初めて書いた、SE小説(?)。
システムがさらに発展し、インターネットの世界も進化する......するとどうなるか、という、ちょっとSFがかってもいるミステリー。
展開が読めず、イベントは多発し、飽きずに読める!

ただ「魔王」同様、また、政治などについて、かなり強い主張がある。
私はどうも作家が、メジャーになるとなぜか「主張」しはじめるのがあまり好きではない。
でも、この小説の中には「井坂好太郎」という小説家が登場して、さらにストレートに「主張」するのだけれど、それを読んでいたら、伊坂さんの抱える切実さ、みたいなものも分かって、逆に、全部受け入れられる気がした。
まぁ、マイナーな作家とかアマチュアが間違っても、あんな「語り」をしちゃいけないと思うけど(汗)

その井坂好太郎が小説というのは、音楽などと違って、集団を先導できるものではない、ただ一人ひとりの心に深くしみるものだ、というようなことを言う。
あぁ、なるほどなぁ、と思う。

伊坂さんは本当に頭が良くて、いろいろ考えている人なんだろうな、という気がする。
小説も、きっと、「使命感」を持って書いているんだろうな。
そう思ったら、これからも読み続けたいな、と純粋に思った。

この本は、純粋なエンターテイメントとしても楽しめるし、お勧め。
かなり長く、単行本は持ち歩くには重すぎるのが難点ですが、それ以外は、私にとってはパーフェクトでした!
メインのストーリーとは関係のないところでも、たっくさん伏線を貼っているというか、いろいろな工夫があって、本当、ただただ、すごいです。

新しいブログにて活動しています。

「働くビタミン・生きるミネラル」

自己肯定感を高め、自分の心を満たし、しあわせに生き、しあわせな人間関係を構築し、しあわせに働くためのヒント集です。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nagi97.com/mt/mt-tb.cgi/20

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

 

Top ・ Works ・ Photos ・ Diary ・ Profile