凪~小説・写真サイト~                    
  作品   レビュー   写真   日記   プロフィール
                     


2008年12月15日

本多孝好「チェーン・ポイズン」


チェーン・ポイズンチェーン・ポイズン

講談社 2008-10-30
売り上げランキング : 19090
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本多さんはミステリー作家だけれど、あまりミステリーらしい ミステリーは書かない人。
今回は、ちょっとした「どんでん返し」があって、ミステリー っぽくもあるけれど、最近、ミステリーを読みすぎなのか、 はじめの数十ページで、この「どんでん返し」は予想できて しまった......。


本多さんは、そういう構成的なものがすごいわけでもないし、 乃南さんや雫井さんのように心理描写、キャラクターの描写が すごく上手いわけでもないと思う。
でも、思わず読んでしまう。
読ませてしまう。
それって何の力だろう......?

私は純粋に、本多さんの作品は読んでいて心地いい。
それは「文体」なんだろうか? 「描写」なのだろうか?
「世界観」なんだろうか?

今回は「生きる」ということについて、真正面から捉えた 意欲作だった。
出てくる人物の一生懸命さは良かった。
もしかしたら、本多さんの魅力は、登場人物を通じて垣間 見える作者の人生に対する温かい視線なのだろうか。

新しいブログにて活動しています。

「働くビタミン・生きるミネラル」

自己肯定感を高め、自分の心を満たし、しあわせに生き、しあわせな人間関係を構築し、しあわせに働くためのヒント集です。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nagi97.com/mt/mt-tb.cgi/50

トラックバック

» その死を待つことで from 笑う社会人の生活
小説「チェーン・ポイズン」を読みました。 著者は 本多 孝好 かなり久々の本多作品 何故かあいてしまいましたね… 本作もミステリなんだけど、正統派と... 続きを読む

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

 

Top ・ Works ・ Photos ・ Diary ・ Profile