凪~小説・写真サイト~                    
  作品   レビュー   写真   日記   プロフィール
                     


2008年5月 8日

伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」


オーデュボンの祈り (新潮文庫)オーデュボンの祈り (新潮文庫)

新潮社 2003-11
売り上げランキング : 1863
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

伊坂さんの小説は、明るく見えながら、常に影がつきまとう感じです。でも、その、「世の中の悪い部分から目をそらしているわけではないのだけれど、救いのない物語でもない」という、絶妙なバランスがいいんだなぁ。
ただ、今回、伊坂さんの本は3冊目ですが、デビュー作がこんな作品だったのだということに、驚きました。
3作が3作とも似たような空気を醸しだしつつも、全く違う世界を描いていて、すごい。
特に「オーデュボンの祈り」は、ミステリー系の新人賞を獲った作品のようですが、ただ上手い、というだけではなく、こういう作品が、普通のミステリーのなかに、ぽっとあったら、それは気にならないわけがないでしょう、という感じでした。
私の個人的な感想では、「星の王子様」を思い出しました。
でも、これだけ突飛な設定、不思議で濃いキャラクターを登場させながら、物語を破綻させることなく、最後まで読者をひっぱっていってしまうその力、やっぱりすごいです。
絶対デビューして、伊坂さんに会う!!と、それが最近の目標です。

ここ数年は、ともかく、作家になりたい、と、作品を量産して、新人賞に一年に何作も送り込んでいましたが、伊坂さんの本と出会って、目標がちょっと変わりました。
今年一年は、丸一年かけて、伊坂さんに負けないレベルのすごい小説を1作書く!
あと、今年中に、いままで出ている伊坂さんの本は全部読む!

そうそう、伊坂さんの作品は、作品同士色々なリンクが貼られているのですが、「無重力ピエロ」というファンサイトで、それが一覧になっています。

http://www.mtnk.net/isakaworld.html


気をつけて読んでいるつもりでも、一回読んだだけでは全部は見つけられない感じです。
深いな~。
っていうか、本当に頭のいい人だなぁ、と、感心、というか、すごく羨ましい~!!

2008年5月 7日

森絵都「DIVE」


DIVE!!〈上〉 (角川文庫)DIVE!!〈上〉 (角川文庫)

角川書店 2006-05-25
売り上げランキング : 32788
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

森絵都さんは一昨年直木賞を獲って話題になった人ですが、児童文学出身だけあって、爽やかで毒のない作品を書かれる方だなと思います。
この「DIVE」も、小学生に国語を教えていたときに教材になっていたので、一部分だけ読んで気になっていたのですが、今回映画化されるということで、本屋でも目立つ位置に飾られるようになり、思わず買ってしまいました。
ひねくれた大人が読むと、そんなに上手いこといく? と思ってしまうところもありますが、なかなか上手いことばかりいかない世の中に生きていると、こういうストレートで純粋な物語というのも、オアシス的存在になり、いい感じです。
一言でいうと、プールの「飛び込み」の種目でトップを目指し切磋琢磨する少年たちの物語。
ただ、伊坂さんの本を読んでいても思うのだけれど、結局、引きつけられてしまう小説というのは、味のあるキャラクターが何人かいるんだよなぁ。
「DIVE」も、主要な男の子が3人で繰り広げる物語ですが、それぞれに個性豊かで、応援したくなります。
これをジャニーズかなにかの美男子が演じたら、それはもう、感情移入もするってもんです(笑)

 

Top ・ Works ・ Photos ・ Diary ・ Profile