凪~小説・写真サイト~                    
  作品   レビュー   写真   日記   プロフィール
                     


2006年12月12日

瀬尾まいこ「強運の持ち主」


強運の持ち主強運の持ち主
瀬尾 まいこ

文芸春秋 2006-05
売り上げランキング : 28345
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

瀬尾さんの小説はいつもほんのりと温かくて読みやすく、やっぱりいいなぁと思う。
かもしだす雰囲気はどの小説も同じなのだけれど、人物の作り方や設定や話の流れにオリジナリティがあるから、読んでいて飽きない。
この本は4つの短編からなっているけれど、4つともちょっといんちきくさい「占い師」である女性が主人公で、相談しに来るお客さんの問題を解決していくという連作。
毎回「きっと何かあるぞ」ということは分かるのだけれど、「多分、こうなんでしょ?」と想像したを上手く裏切ってくれるというか、「え? そんなにずれてたの?」みたいに、凡人の想像の上を行ってくれるのがいい。特に一番初めの作品が突拍子もなくておもしろかった。
後半はそれに比べると「あぁ」というようなところもあるけれど、3話目の「おしまい予言」などもなんとなく気持ちが分かって良かった。主人公もいいけれど、その「彼」がとてもいい味を出している。微妙にうちの旦那さんと重なる(笑)

最近、自分自身の試みとして、緩い連作をしている。一つの話に「助演」くらいの感じで出てきた人を、次の作品の主役(=視点人物)にするとか、その逆とか。一度作り上げた人間には愛着があるし、そこそこキャラクターが固まっているから使いやすく、意外とおもしろい。
でも、いずれはこの作品みたいに完全な連作もやってみたいな、などと思っている。純文学だとエンタメよりは難しいけれどね。(でも、最近そういう短編集は増えているし、多分、売れているのだと思う)

ということで、ちょっと脱線したけれど、ほのぼのした気分になりたいときにお勧めの本でした。

新しいブログにて活動しています。

「働くビタミン・生きるミネラル」

自己肯定感を高め、自分の心を満たし、しあわせに生き、しあわせな人間関係を構築し、しあわせに働くためのヒント集です。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nagi97.com/mt/mt-tb.cgi/32

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

 

Top ・ Works ・ Photos ・ Diary ・ Profile