凪~小説・写真サイト~                    
  作品   レビュー   写真   日記   プロフィール
                     


2006年12月21日

「硫黄島からの手紙」

気になってはいたけれど、見にはいかないつもりだった映画ですが、知り合いが褒めていたので、気になって行ってしまいました。

硫黄島からの手紙 [DVD]硫黄島からの手紙 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2009-08-05
売り上げランキング : 3126
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

感想は、
見て良かった!!

2時間半くらいあるちょっと長めの映画だったけれど、途中で飽きることもなく、とてもよく構成の立てられている作品だと感じた。
主人公は栗林中将という実在した人物で、彼はもうアメリカに戦争では勝てないと分かりながらも、「自決」という方法をとらず、とらせず、1日でも長く硫黄島で抗戦することが、日本や本土にいる家族を守ることになると信じて戦い続ける。栗林中将の役は渡辺謙。
渡辺謙も良かったし、この栗林中将という人自身も、とても立派で温かい人だったんだろうな、と感じられた。テレビでは実際に栗林中将の書いた手紙というのも紹介されていたし(映画の中でもいくつか出てくる)、本当に、こんな感じの人だったのだろうな。
人間、追いつめられたときに真価が問われる、ということを改めて思った。
私も、もっと、かっこよく、正しく生きたいなぁと思わせられた。

ただ、事前の情報では、「栗林中将の話」というふうにしか思っていなかったけれど、中将と同じかそれ以上多く、西郷という一兵士の視点から戦争が描かれている。その西郷がまた良かった。演じているのは嵐の二宮くん。でも彼は「青の炎」のときも思ったけれど、ジャニーズでバラエティーなどをさせているのがもったいないくらい、いい役者だと思う。キムタクや草なぎくんなんて目じゃないくらい!(草なぎくんも、上手いとは思うけれど)
でも役者がいいというだけではなくて、こういう思想、立場の人間を配置し、その視線で映画を撮っていったというところに、この映画の成功があったような気がする。
こういう人物を上手く配置できるようになれば、私の小説ももっと上手くいくんだろうけどなぁ......。

本当、見て損はないと思う。いろいろな意味で、日本的だなぁと思った。ただ、それを作ったのがクリント・イーストウッドだというのが、また、すごい。
映画の作り方とかよくは知らないのだけれど、「監督」の仕事ってどこまでやることなのだろう。アメリカ人が日本の役者を使って、日本語で映画を撮るということ自体、すごいことに思えるのだけれど、実際はどうやって回っているのだろう。気になる。
でも、こういう映画をアメリカ側が作ってくれたということに、日本人は感謝するべきだろうと思った。

2006年12月20日

恩田陸「夜のピクニック」


夜のピクニック夜のピクニック
恩田 陸

新潮社 2006-09
売り上げランキング : 358
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

恩田さんの作品は正直あまり好みではないのだけれど、マイミクさんに「現実の力を感じる」と勧められ、読んでみた(もちろん、実話ではないけれど、この行事自体が実際にあるということ)。
確かに以前読んだ「ネバーランド」より作品の中に入り込めた。多分私が恩田さんの作品を苦手なのは、漫画っぽい(と言ったら、漫画に失礼かもしれないけれど)作られた感じが全体に漂っているからだと思うけれど、それが「夜のピクニック」という行事の「リアリティ」によって薄められているのは確かだった。
ところどころに、「こんな人いる?」という「作りました」という感じのキャラクターも出てきたりはするのだけれど、主要な男子2人、女子2人には好感を持てた。ただひたすら歩くというのは、そんな大きく景色が変わることもないだろうし、朝・昼・夜の違いとか、体の疲れ具合くらいしか書くことがなさそうなのに、それでもこれだけの長さを書き切れてしまうというのはやっぱり力なのだろう。
正直、もっとそぎ落とせる部分はたくさんあるのでは、とも思ったけれど、この「ただひたすら歩く」というこの行事の雰囲気を出すにはこういう描き方はありだとも思う。
もし恩田さんがそういうすべてのことを計算してやっているのだったら、それはすごい。
私の小説仲間にはこういう作品を好きな人はあまりいなさそうだけれど、若い子とか、軽く読めてさわやかな気持ちになれる本が読みたい、という人にはお勧め。
小説の内容に直接は関係ないけれど、表紙の絵は好きだな。こういうシルエットの絵がたまにページの片隅に載っているのも良かった。

2006年12月13日

「生きる」


生きる [DVD]生きる [DVD]
黒澤明

東宝 2003-03-21
売り上げランキング : 28855
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

久しぶりにDVDを借りてきて見た。

世界の巨匠、黒澤明監督の作品。
大学時代、映像論などの授業で作品の一部分だけ見たり、その解釈を聞いたりしたけれど、実際に見るのは初めてだったかもしれない。
今回は知り合いに薦められたのがきっかけで見たのだけれど、よい機会だった(今度は小津安二郎も見たいなぁ)。

やはり世界でも評価される名作というだけあって、どことは言えず日本的だなぁという印象を受けた。たまに見るとモノクロの世界は味があっていい。そしてよく聞き取れない、不明瞭な会話や(古い映像だからか?)、テーマも重さに比べて淡々としている進み方など、いいなぁと思う。こういうのがやっぱり日本の良さでしょ。

この映画の内容は、一言でいうと胃がんで余命半年ほどになった主人公の公務員が、その後、どう生きるか、というもの。
仕事に行かなくなるというところまではなるほど、と思うけれど、そのあと、仕事で自分を表現しようともがくところがいいなぁと感じた。

でも、この映画を見ても、「常に余命がわずかと思って生きるべきだ」なんてことは思わないし、言う気もないな。余命がどれくらいあるか分からない人間は、ただ先のことを見て、明日のために、そして守るべきもののために生きてもいいと思う。
ただそんなふうに思うのは、私自身は余命半年を宣告されても、大して今と変わらない生活を送るだろうと思えるほど、やりたいように生きられているからかもしれない。
まぁ、敢えてこの映画の内容とリンクさせて何か言うなら、人間、変わるのは大変だけれど、変わろうと思えばいつからでも変われるんだよ、っていうことかな。

2006年12月12日

瀬尾まいこ「強運の持ち主」


強運の持ち主強運の持ち主
瀬尾 まいこ

文芸春秋 2006-05
売り上げランキング : 28345
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

瀬尾さんの小説はいつもほんのりと温かくて読みやすく、やっぱりいいなぁと思う。
かもしだす雰囲気はどの小説も同じなのだけれど、人物の作り方や設定や話の流れにオリジナリティがあるから、読んでいて飽きない。
この本は4つの短編からなっているけれど、4つともちょっといんちきくさい「占い師」である女性が主人公で、相談しに来るお客さんの問題を解決していくという連作。
毎回「きっと何かあるぞ」ということは分かるのだけれど、「多分、こうなんでしょ?」と想像したを上手く裏切ってくれるというか、「え? そんなにずれてたの?」みたいに、凡人の想像の上を行ってくれるのがいい。特に一番初めの作品が突拍子もなくておもしろかった。
後半はそれに比べると「あぁ」というようなところもあるけれど、3話目の「おしまい予言」などもなんとなく気持ちが分かって良かった。主人公もいいけれど、その「彼」がとてもいい味を出している。微妙にうちの旦那さんと重なる(笑)

最近、自分自身の試みとして、緩い連作をしている。一つの話に「助演」くらいの感じで出てきた人を、次の作品の主役(=視点人物)にするとか、その逆とか。一度作り上げた人間には愛着があるし、そこそこキャラクターが固まっているから使いやすく、意外とおもしろい。
でも、いずれはこの作品みたいに完全な連作もやってみたいな、などと思っている。純文学だとエンタメよりは難しいけれどね。(でも、最近そういう短編集は増えているし、多分、売れているのだと思う)

ということで、ちょっと脱線したけれど、ほのぼのした気分になりたいときにお勧めの本でした。

 

Top ・ Works ・ Photos ・ Diary ・ Profile