凪~小説・写真サイト~                    
  作品   レビュー   写真   日記   プロフィール
                     


2006年10月 5日

瀬尾まいこ「温室デイズ」


温室デイズ温室デイズ
瀬尾 まいこ

角川書店 2006-07
売り上げランキング : 38303
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

久しぶりに瀬尾さんの本を読んだ。最近、以前よりハイペースで本を出している気もするけれど。
瀬尾さんの本にしては、ちょっと「痛さ」が多かったかな。いつも大体、主人公はハッピーな境遇ではないのだけれど、それをアンハッピーとも思わず、強く生きている感じがする。それに対してこれは、主人公自身が、かなり痛みを感じてしまっているので、その分、少し重く感じられた。
特に、瀬尾さんが学校の先生をしていると知っているから、あぁ、本当にこういうこと感じているのだろうな、なんて、同じ教育者?としていろいろ考えてしまうところもあり。

ただ、ラストはやはり期待を裏切らず、希望を感じさせるものになっている。やっぱり小説って、最後の「光」みたいなものは大切だと思う。安易に主人公たちを救わない方が、「文学」っぽくて、ある意味完成度が高くまとめやすいのだけれど(特に純文学の場合?)、読者としては希望のあるラストを求めるよな。
瀬尾さんや宮本輝の小説が売れるのは、そういう安心感があるからだと思う。

そして瀬尾さんの作品のいいところは、「行動」が物事を変えるということを示しているところ。考え方が変わることで救われることもあるけれど、でも、大切なのは「行動」だと、最近思うな。
主人公やその友人の、思いがけない「解決のための行動」がいい。

ただ、瀬尾さんの本を読んでいない人には、「優しい音楽」とか「卵の尾」とか「図書館の神様」の方を勧めたいな。
ちょっと元気をもらいたいとき、おすすめの作家です!

新しいブログにて活動しています。

「働くビタミン・生きるミネラル」

自己肯定感を高め、自分の心を満たし、しあわせに生き、しあわせな人間関係を構築し、しあわせに働くためのヒント集です。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nagi97.com/mt/mt-tb.cgi/43

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

 

Top ・ Works ・ Photos ・ Diary ・ Profile