凪~小説・写真サイト~                    
  作品   レビュー   写真   日記   プロフィール
                     


2005年10月30日

「春の雪」


春の雪 [DVD]春の雪 [DVD]
三島由紀夫

東宝 2006-04-28
売り上げランキング : 17769
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

公開二日後に見に行くなんて滅多にないのだけれど(大抵は、空いてから行こう......と思ってしまう)、今回は相当気になっていたので、いってきました。なぜ気になっていたのかというと、以前からこのサイトに来てくれている人はご存じの通り、三島由紀夫「豊饒の海(一) 春の海」こそ、私の一番愛する小説だから! 別に妻夫木くんのファンだから、などではありません(笑)

ということで、多分、見に行っても不満を感じるだけだろうな、なんて思っていたのだけれど、予想に反して良かった!
あぁ、ここまできちんと映画化できるんだ、というくらい、要所をきちんと押さえ、かつ無駄のない形に仕上がっていた。もちろん、映画では三島の文体の美しさなどは表現できないけれど、その代わりに、映像でしか見せられないようなまた別の美しさを描き出していて、それが成功していた。

正直、三島の文体は、文学に慣れ親しんでいない人には読みづらいものだから、三島の世界の美しさを知る第一歩としては、この映画は薦められると思う。
文体、風景描写などの美しさは、小説と映画ではやはり違うけれど(でも、かなり忠実に再現されていたな。特に初めの松枝家の庭などはイメージ通りで嬉しかった)、ああいう恋愛、ああいう人生の貫きかたを三島は「美」としたのだということが伝われば、結構いいのではないだろうか。
短くまとめると、この映画を作った人は(監督なのか、映像担当者なのか、脚本家なのか分からないけれど)、本当にこの作品が好きで、だから映画にしたんだな、ということが伝わってきて、だから良かった。安易な気持ち(話題作りみたいな)ではなくて、もっと心をあの作品に「捕らえられている」んだなという気がした。
まぁ、一つ気に入らないのは、主題歌かな。宇多田ヒカルを嫌いなわけじゃないけれど、もうちょっと和のテイストのものにして欲しかった。横文字で歌われると、気分がそがれた。......って年寄りっぽい感想だろうか......。

ただ最近、「春の雪」を読み返していなかったのだけれど、久しぶりに松枝清顕の生き方に触れて、自分の心が以前より大人になっているのだということを感じたりした。
以前はもっと、こういうひねくれた恋愛しかできない清顕に自分を重ねているところがあったけれど、今は、「そういうのは若さだよ」なんて思ったりする。もちろん、反対されればされるだけ、障害があればあるだけ恋心は燃え上がるというのは、心理学的な真実だとは思うけれどね。
ま、清顕は20歳前後だから、30にしてそこを超えられるっていうのは遅いのかもしれないけれど......、でも「春の雪」を卒業すると、四部作の他の作品も好きになれるのかな。
今回の映画でも本多は良いキャラクターだった。役者もぼくとつとしていて良かった。ただ、「また会う。滝の下で」って言われても、二作目以降を読まないと、意味が分からないのではないかな......これはこれでいいのだろうか。「奔馬」も映画にしようともくろんでいるのだろうか。など、色々考えてしまった(笑)
いつも読み返すのは「春の雪」だけだったのだけれど、「奔馬」も久しぶりに読んでみたくなった。

妻夫木くん、竹内結子は、まぁそんなに悪くない。でも、もっと合う人もいたかも......くらい。妻夫木君はそれでもなかなか好演していたけれど、竹内結子は、無難に演じたというだけの気がした。もっとはっと心に響いてくるなにかがあればもっと「聡子」になったかも。......言いたいこと言ってるけど(^^;)

でも、是非、この映画は見に行ってください。特に、三島由紀夫を読んだことのないひとには見てもらいたいな。

原作も本当に傑作です!

春の雪 (新潮文庫―豊饒の海)春の雪 (新潮文庫―豊饒の海)

新潮社 1977-07
売り上げランキング : 13490
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005年10月27日

「ティム・バートンのコープス・ブライド」


ティム・バートンのコープスブライド 特別版 [DVD]ティム・バートンのコープスブライド 特別版 [DVD]
ダニー・エルフマン

ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-03-03
売り上げランキング : 3275
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

まだ「チャーリーとチョコレート工場」も見ていないのだけれど、良い時間にやっていたのがこっちだったので、こちらを先に。
相変わらず独特のおとぎ話の世界で、ちょっと不気味だけれど憎めないキャラクターがたくさん登場し、最後は温かい気持ちになれました。こういう「独創性」と、その独創性を生かしたエンディングやハートウォーミングな感じは羨ましい。
恋愛における三角関係とか、そのなかでの心の葛藤というのはよく描かれたものだけれど、こういうふうに描かれると、「ありふれている」という感じはまったくなくなるし、その半分おとぎの世界だからこそ許されたラストのもって行き方がとても良かった。切ないけれど救われる。

これはあとから知ったのだけれど、こういう人形を使った撮影というのは、ものすごく大変で(たしかに見ている時から「作るの大変だろうな」というのは分かる)、一秒のシーンを撮るのに何時間(多いときは十時間くらい)もかかるとか。
やはり人の心に届く作品というのは、作り手達の魂によって紡がれたものなのだな。
私も頑張らなきゃ。

新江ノ島水族館

新江ノ島水族館に先週末、行ってきました。
リニューアルされる前に一度行ったことがあったのですが、随分変わっておしゃれになっていましたね。みなぞうが死んでしまったのは残念でしたが、見応えのある水族館に生まれ変わっていたのは嬉しかったです。


特にイルカのショーが二種類あったのが良かった。一つはごく普通の「イルカショーといえばこういうものだろう」というショーなのだけれど、もう一つは、「人といるかの共演」と言う、ダンサーとイルカが音楽に合わせて「表現」をするミュージカルのようなもので、新鮮だった。
二十分くらいのショーのあいだ、分かりやすくイルカに合図を出す人もいなければ、餌をあげる人も出てこない。イルカショーと言えば、一つ合図を出せばイルカが一つ芸を見せ、その度に餌をもらうものだと思っていたので、驚いた。発想の転換という感じ。目に見えるところで合図を出さなくてもいいような工夫を考えた人もすごいけれど、こういうショーを作ろうと思いついてしまった人はもっとすごいと、「創造」の世界いる私は思った。
「当たり前」を疑うところからしか、新しいことは始まらないのだな。
ただ、そういう新しいショーをしながらも、伝統的な(?)普通のショーもきちんと残しているのも良かった。続いているものには、続いているものの良さがあるのだろう。
......ということで、新エノスイ、おすすめです!

ところで今、私は水族館を舞台にした小説を執筆中。エノスイに行ったのも、取材(?)のためだし、10月頭には銚子に行ってきた。銚子の水族館は小さかったけれど、銚子沖では野生のイルカやクジラが見られるという情報を得て、行きたくてたまらなくなったのだ。
結局その日は、天気は良かったものの波が高く、あまり遠くにはいけなかったので、クジラは見られなかったけれど、スナメリというイルカを数匹見ることができ、感動しました。千葉も捨てたものじゃないっ!(笑)

あと、情報収集のため、水族館についての本も読んでいます。今読んでいるのは、中村元さんの「水族館の話」と「水族館の通になる」。
この方は、以前、鳥羽水族館に勤めていて、新・鳥羽水族館をプロデュースし、今は新・江ノ島水族館のアドバイザーをしているらしい。
まぁ、水族館の小説を書こうと思わなければ、こういう本を読んでも、「へぇ」というトリビアの世界になってしまうのかもしれないけれど、普段知らない世界に触れるっていうのは、視野が広がるし、脳が刺激されて、とてもいいことのように思える。
「水族館の通になる」は文庫本ほどの大きさだし、今年発売されたものなので、情報も新しく、おすすめ。水族館が好きな人は、是非、その裏側も覗いてみて下さい。

2005年10月 5日

「トゥルーへの手紙」(写真展)

 ブルース・ウェバーの写真展に行ってきました。
 写真展と映画と今、同時公開しているみたいです。「トゥルー」というのはブルースの愛犬。愛する犬や愛する人に対する想いのいっぱいつまった写真展でした。


 ブルース・ウェバーという人のことを私はよく知らなかったのですが(昨日の新聞でたまたま見て、とても興味を持ち、さっそく行ってしまった)、写真を見ると、なんとなくどこかで見たことがあるという気がする。
 カルバン・クラインのアンダー・ウェアの写真で一躍メジャーになった人みたいですね。
 詳しくはオフィシャルサイトを見てください!

 と、ここまでは前書きで、ここから感想を書きますが、とっても良かったです。写真だけ見てここまで温かい気持ちになれたのは、初めてか、久しぶりか、どちらか。
 今回の写真展では犬関係の写真が4分の1、その他は8割方、男性の写真でした。カルバン・クラインのアンダー・ウェアの写真というのも、裸に近い男性モデルのものがほとんどだったのだろう(詳しくは知らなくてすみません)。
 男の人の体格のたくましさを効果的に撮ったものもあれば、もっとただ単純に無邪気でかわいらしい姿を撮ったものまであって、前者は美しく、後者はほほえましく、良かった。会場を入ってすぐのところに、今は超メジャーになっている、ブラッド・ピットやレオナルド・デカプリオなどの若い頃の写真もある。それが言われて初めて、「あぁ、ハリウッド・スターだったのだ」と気づくような、良い意味で等身大の写真で好感が持てた。デカプリオなんて特に、バカで無邪気な少年という感じ。なんかとても愛のある写真だなぁと感じられてしまった。

 そんな感じに、人に対しても犬に対しても、飾らない関係性と愛が満ち溢れている。本当の表現者というのは愛を伝えられる人なんだなぁなんて、こういう写真展を見たり、良い本を読むと思う。 特にこの写真展の会場の奥には、小さめの写真がたくさん並べられ、それに自ら落書きしたり、シールを貼ったりした「作品」がある。一枚一枚とても良い写真なのに、気取らずにそれに落書きできるユーモアはすごい。
 プロだから当たり前なんだとは思うけれど、写真は本当に上手い。プリントの仕上げ方とかも。なんて言うのだろう、とても優しい仕上がりになっている。それはフィルムのためなのか、印画紙のためなのか、それとももっと違う要素によってなのか。黒と白がはっきり出ているのだけれど、コントラストがとても柔らかい。
 こういうすごい技術と、その技術におごらず、技術ではない内面のなにかを伝えようとしているブルース・ウェバーの姿勢に頭が下がる思いだった。でもきっと、本人はただ楽しんで写真を撮っているのだろうな。そんなことも伝わってきて、ますます温かい気持ちになった。
 会場は狭く、写真の数もそこまで多くない。20分あれば見終わってしまうくらいの内容で1000円は相場より高い気がする。でも心から、いいものを見られたなぁ~という気持ちになった。

 お近くの人は是非足を運んでみてください(表参道から徒歩1分)。10月30日まで。

2005年10月 4日

西加奈子「さくら」


さくら (小学館文庫)さくら (小学館文庫)

小学館 2007-12-04
売り上げランキング : 145433
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

少し前に話題になった本。「さくら」というのは犬の名前だということだけ知っていたから、犬が中心になった話だと思ったけれど、それ以上に「家族」の話だった。
 兄と僕と妹、三人が子供の頃から成長していく過程が書かれている。......なんていうと、そんなに面白い本に思えないかもしれないけれど、この本は、かなり良い!
 家族の温かさとか、愛が伝わってくる。というより、しみ込んでくる。

 最近、こういう温かい愛の話(それも、恋愛小説というより、家族小説みたいの)に弱いなぁ。それだけ年取って来たってことか(^^;)

「さくら」もこのあいだ読んだ「今、会いにゆきます」と同じように、いや、それ以上に、長編のわりには大してドラマチックなことが起こるわけでもなく(まぁ、ないことはないけれど、もちろん)、全体的にゆったりと「日常」が描写されている小説だ。それでもこれだけ飽きさせずに読ませる、それが才能だよなと思う。以前は結構売れている小説を読んでは批判していたけれど、最近は素直に、いいものは売れているよなぁ、とか、やっぱり感性とか才能っていうものは存在するんだなと感じる。
 この「さくら」の作者も、相当才能のある人だ。ちょっとマンガっぽく大げさな感じに作られた「キャラクター」は感じてしまうけれど、でも、あぁ分かる分かるという範囲のことを書きながらも、しっかりと読者をひっぱっていく。視点と文章の書き方が上手いのかな。
 私はミステリーなどは書きたいと思わないけれど、こういう「さくら」とか「いま、会い」とか瀬尾まいこさんの作品とか、そのあたりのあたたかく愛に満ちたエンターテイメントを書けるようになりたいな、と切に思う。この頃。

 この小説は、前半はとても明るく、ただもう幸せというのはこういうものだということを照れずに書き表している感じ。後半はちょっとつらくなる部分もあるけれど、読後感も悪くない(まぁ、あまりストーリーが分かってしまうことは書きたくないので書かないけれど)。380ページある割に、結構すらすら読める。
 心温まるものを読みたいなと思っている、心がひねくれていない方にはおすすめの一作です。

2005年10月 3日

「八月のクリスマス」


8月のクリスマス スタンダード・エディション [DVD]8月のクリスマス スタンダード・エディション [DVD]
長崎俊一

キングレコード 2006-03-08
売り上げランキング : 14340
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 山崎まさよし主演映画、観てきました。
 知っている人は知っていると思いますが、私はまさやんファンです。9月24日は、雨でずぶぬれになりながらも雨合羽姿で数時間立った姿で、ライブを聴いていました(横浜の赤レンガ倉庫のところで野外ライブがあったのです。デビュー10周年イブということもあってか、2万人ほどの人が集まり、なんだかとても感動的な場と空気でした。ミュージシャンというのは、曲だけではなく、ああいう場を提供できる人のことを言うのだなと思った時間でした)。

 と、まぁ、ファンだと断った上で書きますが、正直、この映画はいかがなものか......というのが素直な感想。
 きつい言い方をすると、「予告編の方が伝わってくる」という感じ。もしくは映画を見る前にまさやんの作った主題歌を聴いて、想像していた世界の方が美しかったというか。この映画を見てまず思ったのは、元になった韓国の映画を見たいということだった。多分、韓国の映画の方がよくできているのだろう(まぁ、実際に見る前に言うのはなんですが)。


 多分、監督がいけない。もしくは脚本家。説明しなくてはいけない部分を省きすぎ、ない方がいい台詞を入れすぎている。字余りと字足らずの句ばかりが並んでいる感じ。「このときどういう気持ちでそういう行動に出たの?」「この人は何をどこまで知っているの?」という基本的な情報が伝わってこないから、感情移入するまえに、それよりずっと手前で立ち止まってしまう。
 あとはつっこみどころが多すぎる。そりゃないだろう、と思うことが多すぎて疲れた。
 テーマというか視点はいいのに、なぜそれを生かし切れないのだというもどかしさ。

 あと、これを言うと、もっと過激なまさやんファンには怒られるかもしれないけれど、やはり彼はミュージシャンであって、役者ではないです。
「月とキャベツ」は結構良かったのだけれど、それはきっと、あの中の人物がまさやん本人に近く、演じるというより生き様を上手く表せばよい類の「役」だったからだろう。こういう、「余命幾ばくもない人」というのは、役者にだって演じるのが難しい(しかも、こうやって淡々としたドラマでは、ストーリーよりシーンの雰囲気や演技でひっぱっていかないといけない)のだから、きちんとした役者を使うべきではないかという気がした。
 表現というのは本当に奥の深い世界だから、それをなめてはいけない。
 ただ、その厳しさを表現者のまさやんが知らないわけはなく、なんとなく、「10周年だ」という流れに逆らえず、押し流されてしまっているのではないかという気がしてしまった。
 まさやん自身はインタビューでいつも、「僕は役者じゃないから」と繰り返していたしね(でも、役者をするのもまんざらでもないという感じだけれど)。
 私はやはり、この映画は、韓流ブームや、まさやんの人気に便乗して動員数を稼げばいいという安易な考えで作られたものに思え、ちょっと残念だった。

 このあいだ雑誌のインタビューでまさやんが「いいものは時間をかけなければ絶対に作れない」と語っていて、ものすごく心に響いたけれど、最近まさやんはテレビや雑誌やイベントに本当によく登場するし、本人も「忙しい」とコメントをしていたから、ファンとしてはやはり少しばかり心配。まぁしばしばまさやんの姿を見られれば嬉しいけれど、それ以上に自分が納得いくまで時間をかけて作った音楽を聴かせて欲しいな~、などと思う。

 でもこの映画の「失敗」の仕方と、「時間をかけて作る」という言葉を考えたとき、アマチュアとプロの作家の差も、そういう「あと一歩」であったり、ちょっとした「字余りと字足らず」を生み出してしまう甘さにあったりするのだろうなと、勉強になった。

 

Top ・ Works ・ Photos ・ Diary ・ Profile