凪~小説・写真サイト~                    
  作品   レビュー   写真   日記   プロフィール
                     


凪~小説・写真サイト~ 小説・映画などのレビューで“ 余韻が残る ”タグの付いているブログ記事

2010年6月22日

朝井リョウ「桐島、部活やめるってよ」


桐島、部活やめるってよ桐島、部活やめるってよ
朝井 リョウ

集英社 2010-02-05
売り上げランキング : 3745
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

去年の「小説すばる新人賞」受賞作を読んだ。
現役の大学生(今までは、女子高生や女子大生が多かったけれど、男の子)が書いた青春小説ということで、TVなどでも話題になっていたから、気になってはいたけれど、正直、そう期待はしていなかった。

ただ、本屋で数ページ読んで、滅多に単行本など買わない私が、衝動買いしてしまった。
ものすごい引き込まれた。途中まで読んで、「うわぁ、すごいなぁ」と思い、最後まで読んでも、やっぱりよかった!

賞の傾向をつかむために、新人賞受賞作は結構読むのだけれど、デビュー作でこんなに満足感を味割ることは滅多にない気がする。
私の密かな自慢は、デビュー作を読んで「この人は、今後活躍する」「この人は、この1作だけだな」という読みが大体当たること。
朝井さんも絶対、書き続けていく人だな、と思う。
焦って変な2作目を出してはほしくないけれど、次の作品が楽しみ!
ただ、こういう「若い感性」をずっと保ち続けていかれるのか、それとも、ある時点で作風を変えるのか、20代後半以降の方向も気になるな。

と、がーっと書いてしまったけれど、どんな作品かというと、5人の同じ高校の生徒の視点から書かれた5つの短編集。
タイトルの「桐島」は、バレー部のキャプテンなのだけれど、桐島はバレー部の生徒の視点で書かれた1つの短編のなかの回想シーンに何度も登場するだけで、あとはちょっとした会話の端に現れるくらいしか出てこない。
ただ、「桐島」が部活をやめることによって起こった小さな変化を、それぞれの生徒の視点で描いていき、最後には、なんとなく1つの作品にまとまっている。

この、「え? 桐島って結局、それしか登場しないの?」という驚きの構成もすごいけれど、この作品の何がすごいって、描写力だと思う。
文学っぽい、きどった描写じゃなく、若者の方言混じりの日常的なコメントが、心に響く。

きっとほとんどの人は、自分の高校時代を思い出すんじゃないかな。
自分の高校時代には携帯なんてなかったし、随分違うんだけど、心の中にあるうまく表現できない痛みとか迷いみたいなものは、いつの時代も共通なのだろう。

お薦め!!!

2009年10月24日

「わたしの中のあなた」

気になっていた映画を見てきました。

白血病にかかった姉と、姉に臓器提供するために作られた妹。
そして、娘をどうにか救おうと弁護士の仕事もやめ、人生のすべてを捧げる母。
ちょっとしたきっかけでゆがみが露出し、壊れてしまいそうな「家族」を支える父と弟。

設定から予想されるとおり、やはり深刻で、悲しい話だったけれど、そんななかでも、一生懸命笑い、楽しみ、家族であろうとする五人の姿は、決してただ悲しいだけのものではなく、心に刻まれた。

映画の話は、まだ11歳の「妹」が、「これ以上、姉に臓器提供するためだけに生きていくのは嫌だ」と、有名な弁護士のもとを訪れ、両親を相手に裁判を起こす、というところから始まる。

映画の宣伝では、そんな行動に出た妹の真意はなんだったのか? ということを前面に出し、広義のミステリーのように売り出しているけれど、実際見てみると、最後のそのストーリーの展開より、それまでの、ひとつひとつのエピソードのほうが心に残る。
確かに最後にはちょっとした「どんでん返し」があるけれど、驚くというより、「なるほど」といった感じ。ストーリーをうまく集約させるためには、この設定しかなかっただろうな、と。

姉を演じていた役者が良かった。
決してすごくきれいな人のわけではなく、抗がん剤の副作用で髪の毛がないシーンが多いのだけれど、それでも一生懸命に笑って生きている姿がとても素敵だった。笑顔の力ってすごいな、と思う。

この映画を一言で評価するなら「良質な作品」という感じかな。
弁護を頼まれた弁護士、たまたまその裁判の担当になった裁判官まで含めて、一人ひとりをとても丁寧に書き出している。
表現のプロとアマチュアを分けるのは、そういう細部に対する心配りの差なのかもしれない。

悲しいけれど、決して救いがない映画ではない。
家族の衝突も、一人ひとりが一生懸命に誰かのことを想うから。
もしかすると最後に語られる「真実」にも、語られないもっと深い想いがあったのではないか、とも感じられる。

どんな状況でも人は笑えるし、前向きに道を切り開ける、というメッセージも受け取れる。
いい映画です。

2009年8月17日

映画「ディア・ドクター」

「ゆれる」の西川美和監督の作品。
「ゆれる」はなんとなく気になって映画館に見に行き、とても気に入った。
 ただ、ぼんやりエンディングロールを見ていて、監督の名前に、「あれ?」とひっかかった。帰ってからネットで調べたらやはり、大学時代、語学の授業で同じクラスの人だった。
 確かに当時から、映画のサークルに入っていた。
 同世代の人が、こんな活躍をしているなんて、すごい!
 特に監督なんて、他のスタッフとか俳優とか仕切るような立場なわけで、本当にびっくり。しかも、この間、直木賞の候補にもなっていたし。

 と、「あの西川さんの作品だ」と思ってしまうので、今回はちょっと「ゆれる」ほど、客観的に見られなかったかも。

 この映画は、無医村だった村に呼ばれ、医者になり、村人から非常に慕われている先生の話。
 でも、実は、このお医者さんは、医者の免許を持っていない。(←というのは、書くとネタばれなのだろうか? テレビでこの映画を紹介するときにすでにここまで語られていたのだけれど?!)
 でも、村人からは慕われ、信頼されている。

 そこから、資格ってなんだ? 医者って何だ? というテーマになり、無免許だと分かったとたん態度を変える周りの人の様子から、「信頼ってなんだ?」というところまで、テーマは深まっていく。

 直木賞の候補になったのは、この映画の「原作」らしいが、その本のタイトルは「きのうの神様」という。このタイトルのほうが、内容を知ってからだと、しっくり来る。
 
 西川さんの作品は、すべてを丁寧に書ききっているのに、それでもどこか消化しきれず、心のなかにもやもやと何かが残り、心のそこにしばらく留まってしまう。
 それが作品の「深さ」というものなのかな。

 こういう作品が評価される日本って悪くないな、などと思う。

 私も直木賞を目指して頑張ろう!

2009年3月22日

「ダイアナの選択」

ダイアナの選択 [DVD]ダイアナの選択 [DVD]

NIKKATSU CORPORATION(NK)(D) 2009-07-24
売り上げランキング : 30493
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


映画「ダイアナの選択」を見ました。


「結末にどんでん返し」という情報だけ得ていたので、色々深読みしすぎて、正直、見終わったときは「???」という感じでした......。
なんだ、それだけ?
みたいな。


ただ、映画のエンディングロールの最後の最後にキーワードがあらわれ、それを公式サイトで打ち込むと、監督の「答え」が表示されるのだけれど、それを読んでようやく「あぁ、なるほど。深い」と納得。
(ただ、公式サイトの「イントロダクション」にネタバレ的なコメントがあるので、映画を見る前に読まないほうがいいかも......)


「答え」が分かると、なぜ、「過去」と「現在」があんなに頻繁に交錯するのか、それも分かってきたりする。


色々な意味で、余韻の残る映画でした。
悔いなく生きたいな、と。


映像も美しい。
銃の乱射の場面や、血なまぐさいところもあるのだけれど、こういう、「映像」でしか表現できないことにまっすぐ向き合った作品っていいな、と思う。
本の原作もあるらしいけれど、多分、本と映画はまた違うテイストなのだろう。


女性にお勧めの映画、かな。

2008年9月22日

「おくりびと」


おくりびと [DVD]おくりびと [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント 2009-03-18
売り上げランキング : 559
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

映画「おくりびと」を見た。
良かった。
映像もきれいだし、役者(本木、山崎努、広末など)もいいし、内容も胸に染みた。

この話はチェロ奏者だった主人公(本木)が、オーケストラの解散によって職を失い、故郷に帰り、たまたま求人で見つけた会社が納棺の業者で、そのまま納棺の仕事をするようになる......というストーリー。

そのなかに様々な「死」のエピソードがあり、ひとつひとつの「死」が心に迫ってくる。
ただ、「死」が中心にありながらも、決して湿っぽくならないところが、この映画の魅力かもしれない。
映画のなか、たくさんの「死」に触れていると、「死」というのが、日常からかけ離れたところにある特別で忌み嫌うべきものではなく、生活のなかに自然に存在するものであると、すっと受け入れられるようになってくる。

そういう「死」の扱い方は、とても良かった。
ただ、この映画の本当のテーマは、「死」ではなく、「天職」というところにあるのかな、なんてことを思ったりもした。

主人公はずっとプロのチェロ奏者としてやっていくことを「夢」だと思っていたけれど、オーケストラが解散し、チェロを手放したとき、「それは夢ではなかったのかもしれない」と呟く。
そして、今までそんな職業があることも知らず、自分の意思で申し込んだわけでもない納棺の仕事に、次第に魅力を感じ始め、これこそが自分の仕事だと思うようになる。

自分の意思ではないからこそ、神の導いた「天職」だということもできるかもしれないけれど、この映画を見ていて、「その仕事にやるべき価値を見いだし、自分がその仕事をすることに誇りを感じられたら、それはもう、天職なんだ」ということなのではないかと思った。
どんな職業であっても、自分の仕事に誇りを持っている人は強いし、かっこいい。

2006年10月26日

映画「博士の愛した数式」


博士の愛した数式 [DVD]博士の愛した数式 [DVD]

角川エンタテインメント 2006-07-07
売り上げランキング : 1074
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 小川さんの作品の映画化。
 小説もあたたかく愛に溢れた内容で良かったけれど、映画も負けていなかった。小説にはないエピソードを加えながらも、その世界を変えてはいず、むしろ補強していて好ましかった。

 小川さんがこの映画に対し、「全てのシーンが素数みたいな映画だった」というようなコメントをしていたけれど、なんだか分かった。すごく新しいという訳ではないのに、今まであったものとはどこか違うような感じがする。
 時々、原作の良さはどこにいったの? というような映画もあるけれど、小川さんはこういう才能のある人に映画にしてもらえて恵まれているなぁ。これを機に、もっと小川さんの作品を読む人が増えたらいい。まぁ、他の小川さんの作品はこんな愛に満ちてはいないけれど......(笑)
 この映画で、博士と家政婦、博士と家政婦の息子の関係も良かったけれど、家政婦とその息子の関係も良かった。こうやって子供を一人の独立した存在ととらえてしっかり向き合える人はいいなと思う。甘やかすのではなくて、しっかりと相手を認めること、これは大切。
 少し前、テレビで深津絵里がこの映画のことを語っていた。子供がいる役を初めてもらって、嬉しかった、いままで頑張ってきたご褒美のようだったと言っていて、その言葉も良かった。普通であることを大切にしてきたとインタビューでも言っていたけれど、自然体の軽やかな美しさが魅力的な人だな。
 あと、息子役も、博士役もよかった。
 博士と義姉の関係は小説よりもっとはっきりと描かれていたけれど、でもどこか描ききっていないところもあって、それも良かった。
 ただ一つ、ルート(息子)が大きくなったという設定で、吉岡秀隆が出てきていたけれど、その「成長したルート」を出したのは成功だったのかどうかはよく分からなかった。上手く使えているところもあれば、吉岡君の場面になることで、流れが止められてしまうところもあったので。
 あえて言えばそれくらいかな。
 とにかく全体的に良くできた映画だった。淡々としているけれど、心の奥に伝わってきて染みるものがあった。良質の作品、って感じ。お勧めです!

2006年9月14日

「ユナイテッド93」


ユナイテッド93 [DVD]ユナイテッド93 [DVD]
ジョン・パウエル

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2006-11-30
売り上げランキング : 6268
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

昨日は映画、「ユナイテッド93」を見た。
9.11のとき、国防省を狙ったけれど、近くで墜落した飛行機に関する半分ドキュメンタリーみたいな作品。
なにをやっても結局助からないことは分かっているので、見ていてやるせなく、最後は悲しかったけれど、作品としては良かった。シリアスなテーマを扱いながらも、きちんと見る人を飽きさせないテンポの良さを計算して作り出しているところに、アメリカ映画らしさや、アメリカ映画の「誇り」みたいなもを感じたりした。
事件そのものもなかなか興味深かったけれど、それ以上に、管制塔の仕事がこんなものなのだということが初めてわかり、おもしろかった。
普段のニュースなどだと、「こんなミスがあった」「こんな失敗があった」ということしか取り上げられないけれど、そうやって取り上げられないところで人はいつもコツコツと働き、他の人が想像しないような仕事をし、世の中を支えているのだろうな。
そういう世の中のいい面をもっと全面に押し出すような作品が増えていくといいとも思う。

空にいっぺんにあんなにたくさんの飛行機が飛んでいるのかということに驚き、その飛行機の運航状況を陸ではあまり把握できていないのだということにもかなりびっくりなのだけれど、それでも機敏に「進路を変えろ」と連絡を取る人がいたり、「アメリカの上空は全面封鎖だ」とものすごい大きな規模のことをすごい早さで決断する人がいたり......そういうのは良かった。
乗客達も最終的には救われなかったけれど、みんなで力を合わせて、どうにか飛行機を取り戻そうとする過程が、感動だった。乗客はみんな死んでしまったけれど、目標をそれたことで助かった命はたくさんあったはずで、そのことには喜ばないといけないのかもしれない。
監督はこの映画をつくるにあたって、乗客の遺族全員の協力を得て、事故当時のことを再現したという話だった。その徹底ぶり、監督の事実を伝えたい、遺族のためにもこの作品を作りたいという思いが、やっぱ素晴らしい。いい作品を作れるかは、伝えたいという思いの強さにかかっている気がする。
決して幸せな気分を感じられる映画ではなかったけれど、いい意味で余韻はあった。犯行グループを分かりやすい悪としては描かず、人間らしさを感じさせていたところも、良かった。
悪い人と良い人がいるわけではない、状況によって悪い人になったり良い人になったりするだけだ、とかいう漱石の言葉を思い出したりもする。

私もちょっとずつまた小説を書き始めたいなと思うところ。人の心になにか届けられるような作品が作り出せたらいいな。
でも最近は小説を書くことを優先して、あせってたくさん作品を作るより、まずは様々なことを経験し、学び、感じ、それをゆっくり形にしていくのもいいかもしれない、などと思い始めている。

2006年5月25日

川上弘美「神様」


神様 (中公文庫)神様 (中公文庫)

中央公論新社 2001-10
売り上げランキング : 75666
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

久しぶりに川上弘美を読んだ。
「蛇を踏む」はちょっと読んで挫折し、その後、手に取ることもなかったけれど、人に勧められ二年ほど前手に取ってみて、けっこうはまった。
ただそうは言っても、まだ読むのは3,4作目くらいかな。

これは川上さんのデビュー作を含む短編集。
こんな作品でデビューしていたんだ、と驚くような、なるほどと納得するような。
表題作「神様」はとっても素敵な物語だった。
確かに「文学」なんだけれど、ファンタジックな「物語」でもあり、あったかい。
一言でいうと「近所に住むくまとピクニックに行く話」なので。

それ以外の話も、ちょっとずつ幻想的な部分があって、でも不思議とその存在に違和感がなくて、素敵。
不幸をまきちらす「文学」のなかにあって、この優しさ、明るさ、あたたかさには救われる。
試験勉強の疲れも癒された、という感じ。

あと「星の光は昔の光」は男の子の言葉がきれいだった。
「離さない」はけっこうテーマを感じたけれど、最後の最後に思っていたのと書かれていたのはもしかしたら違う主張だったのかもしれないという気づきを与えられた感じがした。
「春立つ」はなんか分かるなぁ、という気がした。

短い話が多いけれど、それぞれきちんと心に何かを残してくれる。
一言でいっちゃえば、才能!
って感じかなぁ。
さすが川上弘美だ。

ってことで、おすすめ!

2005年7月21日

「モディリアーニ」


モディリアーニ 真実の愛 [DVD]モディリアーニ 真実の愛 [DVD]
ミック・デイヴィス

アルバトロス 2006-01-07
売り上げランキング : 38844
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ピカソと同時代の画家・モディリアーニの生涯を描いた映画。
 現実的には、私は芸術家タイプの男が嫌いなのだけれど、フィクションの世界では美術系の男の人に惹かれる。実在の画家をモデルにした映画が上映されると大抵気になって見に行ってしまうし、小説仲間にはしばしば「また芸術系の男が出てきたよ」とあきれられるほど、自分でも好んで画家とか彫刻家とかを描いてしまう。もしかしたら私は前世、モディリアーニのような画家に惚れ込んで振り回され、死んだ女なのかもしれない(笑) だから深層心理では惹かれているけれど、現実問題としては生活力のない男には惹かれない、みたいな......。
 って、何を語っているんだ、私(笑)

 映画は良かった。大きな夢がありながらも、それを叶えるための努力を積み重ねることが嫌いなこういうタイプ、芸術家には多いのかもしれないな、と思った。彼ほど才能がなくても商売が上手で成功する人もいれば、彼のように生活は破綻していても、見る人には分かる確かな才能があって、一目置かれる人もいる、なんかよく分かった。
 実際のモディリアーニがどんな人なのか、私にはさっぱり分からないけれど、映画のなかではとても魅力的に描かれていた。あぁ、こういう人だったら、「どうしようもないな、こいつ」と思いながらも、振り回されてしまう女もいるだろう、と。この映画の魅力は、やはり一番、モディリアーニの魅力だろう。でもそれ以外にも、映像の美しさや、その時代の雰囲気を上手く伝えるセットや、飽きさせないストーリーや、色々なプラスの要素があった。
 モディリアーニとピカソは映画のなかではライバル同士であり、憎み合っているように見えるけれど、実は分かり合っている関係に描かれていて、それにも惹かれた。ちょっと素直に向き合えないけれど、実は強い友情で結ばれているのではないかという気がした。ピカソの嫌な奴だけれど、とても憎めない。このキャラクターの作り方にも才能を感じた。
 あと話の中心はやはりモディリアーニの妻、ジャンヌの存在だろう。ネタバレになるので書かないけれど、ラストを見ると、こういう生き方は端から見たら不幸に見えるけれど、本人にとっては案外幸せなのかもしれない、なんて思った。愛し方も、生き方も、人それぞれで構わないんじゃないかと、ふと思った。

 この映画は上映されている館が限られているのもあり、日比谷シャンテはぎりぎりに行くとチケットが売り切れているという状態だったけれど、観て損はないものだと思う。私はおすすめ!

 

Top ・ Works ・ Photos ・ Diary ・ Profile