凪~小説・写真サイト~                    
  作品   レビュー   写真   日記   プロフィール
                     


凪~小説・写真サイト~ 小説・映画などのレビューで“ デビュー作 ”タグの付いているブログ記事

2010年6月22日

朝井リョウ「桐島、部活やめるってよ」


桐島、部活やめるってよ桐島、部活やめるってよ
朝井 リョウ

集英社 2010-02-05
売り上げランキング : 3745
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

去年の「小説すばる新人賞」受賞作を読んだ。
現役の大学生(今までは、女子高生や女子大生が多かったけれど、男の子)が書いた青春小説ということで、TVなどでも話題になっていたから、気になってはいたけれど、正直、そう期待はしていなかった。

ただ、本屋で数ページ読んで、滅多に単行本など買わない私が、衝動買いしてしまった。
ものすごい引き込まれた。途中まで読んで、「うわぁ、すごいなぁ」と思い、最後まで読んでも、やっぱりよかった!

賞の傾向をつかむために、新人賞受賞作は結構読むのだけれど、デビュー作でこんなに満足感を味割ることは滅多にない気がする。
私の密かな自慢は、デビュー作を読んで「この人は、今後活躍する」「この人は、この1作だけだな」という読みが大体当たること。
朝井さんも絶対、書き続けていく人だな、と思う。
焦って変な2作目を出してはほしくないけれど、次の作品が楽しみ!
ただ、こういう「若い感性」をずっと保ち続けていかれるのか、それとも、ある時点で作風を変えるのか、20代後半以降の方向も気になるな。

と、がーっと書いてしまったけれど、どんな作品かというと、5人の同じ高校の生徒の視点から書かれた5つの短編集。
タイトルの「桐島」は、バレー部のキャプテンなのだけれど、桐島はバレー部の生徒の視点で書かれた1つの短編のなかの回想シーンに何度も登場するだけで、あとはちょっとした会話の端に現れるくらいしか出てこない。
ただ、「桐島」が部活をやめることによって起こった小さな変化を、それぞれの生徒の視点で描いていき、最後には、なんとなく1つの作品にまとまっている。

この、「え? 桐島って結局、それしか登場しないの?」という驚きの構成もすごいけれど、この作品の何がすごいって、描写力だと思う。
文学っぽい、きどった描写じゃなく、若者の方言混じりの日常的なコメントが、心に響く。

きっとほとんどの人は、自分の高校時代を思い出すんじゃないかな。
自分の高校時代には携帯なんてなかったし、随分違うんだけど、心の中にあるうまく表現できない痛みとか迷いみたいなものは、いつの時代も共通なのだろう。

お薦め!!!

2009年12月19日

湊かなえ「告白」


告白告白

双葉社 2008-08-05
売り上げランキング : 1680
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1年ほど前に話題になり、今もベストセラーであり続ける本「告白」を、遅ればせながら読んだ。

6つの短編から成っている本ですが、それぞれの短編はつながっていて、全部で一つの作品になっている。
ただ、1話目の「聖職者」が、「小説推理新人賞受賞作」ということなので、もともとは原稿用紙100枚弱の長さだった短編が完結した作品で、そこに、あと5話を付け加えていったということなのだろう。

1年ほど前から話題になっている本だから、ずっと気になってはいたのだけれど、読んでみたら、思っていたのとは大分違った。
ただ、非常にうまいし、新しいな、と思った。なるほど、こういう作品が、新人賞を獲るんだな、と納得できる感じ。でも、こういう作品が「売れる」というのは、ちょっと意外にも思えた。
なんというか、ちょっとマニアックで、コアなファンをつかみそうな感じの作品に思える。

1話目は、終了式の日、担任の先生が生徒に最後に話をする、というもの。「最後に話をするシーン」などではなく、「最後の話」そのものが作品になっている。
つまり、原稿用紙100枚近い長さが、すべて「独白」ということ。
私が不勉強なのかもしれないけれど、「独白」だけで完成する小説というのは初めて読み、すごいな、と思った。純文学ならまだ分かるけれど、「推理小説」の受賞作なのに、独白かぁ、と。
しかもアイディア以上に、それだけで読ませてしまう力量がすごい。
その「独白」のなかで、ある「事件」の話になり、その事件の犯人の話になり、その「犯人」がどうしてそういう行動に及んだかの経緯の話になり、そして、最後、衝撃の一言につながる。
「おぉ......そうくるか」という感じ。
ただ、決して後味はよくない。

2話以降は、多分1話が受賞したあと、付け足されていったものなのだろうけれど、読んでいくと、6話すべてでようやく完成する作品のようにも思える。
それも湊さんの「力」だろう。
1話ずつ、つながっているようで、前の話を潰していっているようでもある。
1話だけで世界が完結していると思うと、その作られた世界が、あとの話で崩されていく。
その感覚もまたおもしろい。

前にも書いたように、決して心地よい読後感ではないし、嫌な気分が残るのだけれど、またなにか思いついたときにこの人の本は手にとってしまうだろうな、と思う。

純粋に読者として読む場合は、好き嫌いが別れそうなので、「気になったら読んで」くらいだけれど、小説を書く人にはお勧めしたい本だ。

2009年6月 7日

山田宗樹「直線の死角」「聖者は海に還る」

直線の死角 (角川文庫)直線の死角 (角川文庫)
山田 宗樹

角川書店 2003-05
売り上げランキング : 228311
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
聖者は海に還る聖者は海に還る
山田 宗樹

幻冬舎 2005-03
売り上げランキング : 317607
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

上記2冊を読みました。

「直線の死角」は、山田さんのデビュー作。
「保険金殺人」というと、非常にありきたりなテーマなのだけれど、ちょっとひねるだけで、新しい切り口になるのだと、学んだ気がする。

ただ、それ以外は、依頼を受けた弁護士が探偵のように事件の真相を探っていくという、類型化した物語。恋愛も絡んでくるけれど、山田さんは普通の"恋愛小説"を書く人じゃないのかもな......と。

正直、あんな完璧に思える作品を書く作家でも、デビュー作から完璧だったわけではないんだなぁ、と、ちょっと安心できた作品でした。

アマゾンでは平均★4つのようなので、こういう作品がいい、という人もいるんだとは思うけれど。


「聖者は海に還る」は、今まで読んだ山田さんの作品のなかではいちばん、「さらり」と読めた作品だった。ひっかかるところなく、先が気になって「一気に読んだ」感じ。

"人は人の心にどれだけ影響を与えられるのか、与えていいものなのか"というテーマにまっすぐ向きあって、書ききった作品だと思う。

一言でまとめると、
「スクールカウンセラーと、一見完璧に思えるカウンセリング手法についての話」

山田さんのどの作品も"先が気になる"エンターテイメントなのだけれど、この作品は特に、先へ先へ読者を促す力を持っている気がした。

ただ、以前、純文学系の作家の人に「一気に読めた、というのがみんな褒め言葉だと思っているようだけれど、それは違う」と言われたことも思い出した。
少し躓きながらも、作者の世界に向き合い、少しずつその世界に足を踏み入れていった作品のほうが、心に残るのかもしれない。

ラストがちょっと中途半端に思えたというのもあり、「黒い春」「天使の代理人」と比べると、「あともう一押し」欲しかった感じ。

ただ、そんなちょっとした物足りなさを感じたり、「よくあるテーマだよね」などと感じてしまうのは、自分自身が長く教育の現場にいて、「教育ってなんだろう」「人は人にどれだけ影響を与えていいのだろう」ということを、ずっと、考え続けてきたからかもしれない。

もしかすると「黒い春」など、私は、「ここまでフィクションにリアリティがあるなんてすごい」と、大絶賛してしまうのだけれど、製薬会社の人などには、「どこがいいの?」と、捉えられたりするのかもしれない。読者の経験によっても、評価って変わるのかもしれないな。

ということで、まだ読んでいない作品はだいぶ少なくなってしまったけれど、読み続けます!

2008年5月 8日

伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」


オーデュボンの祈り (新潮文庫)オーデュボンの祈り (新潮文庫)

新潮社 2003-11
売り上げランキング : 1863
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

伊坂さんの小説は、明るく見えながら、常に影がつきまとう感じです。でも、その、「世の中の悪い部分から目をそらしているわけではないのだけれど、救いのない物語でもない」という、絶妙なバランスがいいんだなぁ。
ただ、今回、伊坂さんの本は3冊目ですが、デビュー作がこんな作品だったのだということに、驚きました。
3作が3作とも似たような空気を醸しだしつつも、全く違う世界を描いていて、すごい。
特に「オーデュボンの祈り」は、ミステリー系の新人賞を獲った作品のようですが、ただ上手い、というだけではなく、こういう作品が、普通のミステリーのなかに、ぽっとあったら、それは気にならないわけがないでしょう、という感じでした。
私の個人的な感想では、「星の王子様」を思い出しました。
でも、これだけ突飛な設定、不思議で濃いキャラクターを登場させながら、物語を破綻させることなく、最後まで読者をひっぱっていってしまうその力、やっぱりすごいです。
絶対デビューして、伊坂さんに会う!!と、それが最近の目標です。

ここ数年は、ともかく、作家になりたい、と、作品を量産して、新人賞に一年に何作も送り込んでいましたが、伊坂さんの本と出会って、目標がちょっと変わりました。
今年一年は、丸一年かけて、伊坂さんに負けないレベルのすごい小説を1作書く!
あと、今年中に、いままで出ている伊坂さんの本は全部読む!

そうそう、伊坂さんの作品は、作品同士色々なリンクが貼られているのですが、「無重力ピエロ」というファンサイトで、それが一覧になっています。

http://www.mtnk.net/isakaworld.html


気をつけて読んでいるつもりでも、一回読んだだけでは全部は見つけられない感じです。
深いな~。
っていうか、本当に頭のいい人だなぁ、と、感心、というか、すごく羨ましい~!!

 

Top ・ Works ・ Photos ・ Diary ・ Profile