凪~小説・写真サイト~                    
  作品   レビュー   写真   日記   プロフィール
                     


凪~小説・写真サイト~ 小説・映画などのレビューで“ おもしろい ”タグの付いているブログ記事

2009年9月13日

東野圭吾「名探偵の掟」


名探偵の掟 (講談社文庫)名探偵の掟 (講談社文庫)

講談社 1999-07
売り上げランキング : 3826
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 東野さんは時々こういう笑える短編集を出す。
 これは、今までの「探偵もの」の小説の「ありえなさ」を皮肉たっぷりに描き、コメディーにした作品。
 普通に笑って読むのもいいけれど、推理小説を書きたいと思っている人なら、「なるほど、今まで、こういうタイプの推理小説が書かれてきたんだ」と、探偵ものの「文学史」を辿る勉強ができる。
 まぁ、これくらい読んで、自分で分析した上で、推理小説を書けよ、ってことかもしれないけれど。

 ただ、最近DSのソフト「逆転裁判」などをして、結構楽しんでいるのだけれど、小説でやったら「え、今更、ダイイングメッセージ?」とか、「え、今更、歌になぞらえて殺人?」とか絶対思われるようなことでも、ゲームや漫画では、まだ辛うじて許されるんだなぁ、なんて、思う。

 人を驚かせたり、予想外の結末を用意したりするために、今まで考えられてきた「パターン」は、やっぱり「理解」はしておくべきだろうな。こういうのを「温故知新」というのか。
 きちんと今まで辿ってきた道を理解しつつ、そこを超えた部分で勝負しなくては、という感じか。

 東野さんは、この「名探偵の掟」で「読者は結局、自分で推理なんかしないで、ただ先を読んで、作者が種明かししてくれるのを待っているだけだ」とか、書き手だけではなく、読み手の批判などもしている。
 でも、あとがきを読むと、東野さんはそういう問題提起を、ただの問題提起だけでは終わらせず、他の作品に生かしているらしい。たとえば、上記の批判に対しては、最後まで読んでも、読者自身がきちんとトリックを暴き、証拠を集めて理解しない限り、最後まで犯人がわからない小説を書く、などという方法で。

 この作品自体は、コメディータッチだけれど、これを読むことで、今まで以上に、東野さんの推理小説というものに対する情熱だとか、勉強量だとか、誠実さだとかを感じた。

 本当、勉強になったな。

2009年8月31日

和田竜「のぼうの城」


のぼうの城のぼうの城

小学館 2007-11-28
売り上げランキング : 2579
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

 少し前に話題になった「歴史小説」。
 ただ、「歴史小説」というより、「歴史エンターテイメント」といったほうが近い。
 小説なんだけれど、漫画を読んでいるような気分になった。
 楽しく読める、とても。でも、その分、深さは捨てているかもしれない。

 ただ、滅多に歴史小説は読まないので、たまに読むとおもしろいな、と思った。
 この小説は、普段から歴史小説を読んでいる人ではなく、逆に、滅多に歴史小説になど手を出さない、という人へお勧め。

 ただ、この作品限らず、歴史の中の人は、今の人間の常識とはかけ離れたことを常識と思って生きていたりする。その「ずれた」感じに、なぜか、ほっとしてしまったりする。
 あぁ、なんだ、自分が大事に思っている常識って、別に、未来永劫変わらない、すっごく大切なものでもないんだな、なんて思える。

 この作品は、主人公、「のぼう様」のキャラクターがいい。
 本当に優れたリーダーというのは、なんでも一人でできてしまう人ではなく、たくさんの人に助けてもらえる人だ、などと聞いたりするが、このキャラクターもそんな人。

 歴史は苦手なので、どこまで史実に基づいた話なのかは分からないが、キャラクターも立て、ストーリーもぐいぐいひっぱっていく感じで、最後も気持ちよく終わるけれど、ご都合主義過ぎず、良かった。

「文学」を期待すると違うと思うけれど、いい漫画を読んだときのような心地よい気持ちにはなれると思う。
 私はこういう作品、嫌いではないな。

2009年1月 4日

伊坂幸太郎「モダンタイムス」

伊坂さんのモダンタイムスを読みました。

モダンタイムス (Morning NOVELS)モダンタイムス (Morning NOVELS)
伊坂 幸太郎

講談社 2008-10-15
売り上げランキング : 1092
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一番最近読んだのが「終末のフール」、その前が「砂漠」「魔王」「死神の精度」という順だったと思うのだけれど、このあたりの4作は、私の中では「何かが違う......」という感じで、物足りなさを感じていたのだけれど、これは、「これぞ伊坂さん!!」と嬉しくなるような作品だった。

漫画週刊誌に1年間連載したものをまとめた、とあとがきを読んで知ったのだけれど、これだけのものを毎週書いて出せるってすごいな~、と、ただただ感心。

この作品は「魔王」の続きで、超能力の話、政治の話、自分で思考しないと大変な力に取り込まれてしまうという話......などが引き続き語られる(読んでいない人には、意味がさっぱり分からない説明だと思いますが......すみません)。
やはり「魔王」を読んでから読むのがいいと思うけれど、読んでいなくても楽しめるとは思う。

「魔王」の続編ということで、設定は未来。
システムエンジニアだった伊坂さんが、たぶん初めて書いた、SE小説(?)。
システムがさらに発展し、インターネットの世界も進化する......するとどうなるか、という、ちょっとSFがかってもいるミステリー。
展開が読めず、イベントは多発し、飽きずに読める!

ただ「魔王」同様、また、政治などについて、かなり強い主張がある。
私はどうも作家が、メジャーになるとなぜか「主張」しはじめるのがあまり好きではない。
でも、この小説の中には「井坂好太郎」という小説家が登場して、さらにストレートに「主張」するのだけれど、それを読んでいたら、伊坂さんの抱える切実さ、みたいなものも分かって、逆に、全部受け入れられる気がした。
まぁ、マイナーな作家とかアマチュアが間違っても、あんな「語り」をしちゃいけないと思うけど(汗)

その井坂好太郎が小説というのは、音楽などと違って、集団を先導できるものではない、ただ一人ひとりの心に深くしみるものだ、というようなことを言う。
あぁ、なるほどなぁ、と思う。

伊坂さんは本当に頭が良くて、いろいろ考えている人なんだろうな、という気がする。
小説も、きっと、「使命感」を持って書いているんだろうな。
そう思ったら、これからも読み続けたいな、と純粋に思った。

この本は、純粋なエンターテイメントとしても楽しめるし、お勧め。
かなり長く、単行本は持ち歩くには重すぎるのが難点ですが、それ以外は、私にとってはパーフェクトでした!
メインのストーリーとは関係のないところでも、たっくさん伏線を貼っているというか、いろいろな工夫があって、本当、ただただ、すごいです。

2007年11月20日

「風の谷のあの人と結婚する方法」


風の谷のあの人と結婚する方法風の谷のあの人と結婚する方法
森沢 明夫

ベースボール・マガジン社 2006-07-28
売り上げランキング : 46763
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

去年の夏に出て、一時期、どこの本屋でも平積みされていた須藤元気さんの本。
私の中では、
須藤さん=格闘家
だったので、有名人が書いたエッセイ集かぁ、としか思わず、素通りしていた。

でも、ひすいさんつながりで知り合うことのできた森沢明夫さんが、「質問送付人」をしているということで、今更ながら、手に取ってみました。

正直、もっと俗っぽいエッセイだと思っていたのですが......想像を大きく裏切られました。
とっても、スピリチュアル。

でも、偉そうに世の中の仕組みを教える、というのではなくて、当然のように、「あぁ、シンクロってありますよね」みたいに言ってしまえる、そのナチュラルさ。
しかも、笑えたり笑えなかったりするギャグも散りばめられていて(笑)、須藤さんにとても好感が持てる本でした。

『同じ時間を費やすならば、効率よく「物質」を生み出すよりも、効率よく「幸福」を生み出すべきである』

『「私が」幸せになるのではなく、「私たちが」幸せになる-いつもそう考えて行動していると、最終的には大きな成功がやってくる」

などなど、心に残る名言もいっぱいでした。
そして、須藤さんの地元が、私の実家にむちゃくちゃ近いというのもシンクロでした(「シンクロ」ってこうやって使うのか??(笑))。


でも、須藤さんの思考ももちろん素敵なのだけれど、森沢さんファンとしては、やはり、問いかけがいいよね!
と、一応、つけ加え。

2007年7月13日

本多孝好「正義のミカタ」

本多孝好さんの本を読みました。

正義のミカタ―I'm a loser正義のミカタ―I'm a loser

双葉社 2007-05
売り上げランキング : 25859
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

私も大好きで、ファンも多いはずなのに、たま~にしか本を出さない本多孝好さんの新作。
今までのおしゃれな雰囲気とはがらりと変わり、テーマとか主張が分かりやすくなっているけれど、その分、「あぁ、もともとミステリーの人だっけ」と思い出す、エンターテイメント調になっていて、長いのだけれど、さらりと読めた。
やっぱり本多さんは上手いなぁ。
昔は短編しか書かなかったし、初めて書いた長編は「?」だったけれど、着実に長いものを書く力をつけているし、本当、常に成長している感じがいい(短編は初めから上手いけれど)。
今回の作品も、結局、善とはなにか悪とはなにか、というようなテーマになっているのだけれど、格差社会とか、ネットビジネス系の話とか、「今」の問題を正面から捕らえている。それで、作者の主張もあるのだけれど、それぞれ異なった意見の登場人物の言葉すべてに、きちんと説得力があって、うすっぺらさがなかった。
「あぁ、こういう人、いそう」「こういう考えの人もいるだろうなぁ」という感じ。
ビジネス書に飽きたときには是非!
「MISSING」「MOMENT」など初期の短編集は、文庫本になっているし、短編だから短い時間で読めるし、そちらも読んだことのない人にはお勧めです☆

2006年11月 4日

奥田英朗「ガール」


ガールガール
奥田 英朗

講談社 2006-01-21
売り上げランキング : 48861
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

奥田英朗は一番「イン・ザ・プール」が好きで、伊良部先生のシリーズは少しずつトーンダウンしている感じがしてちょっと残念なのだけれど、この作品を読んで、奥田さんの作品全体がトーンダウンしている訳ではないのだ、と安心し、うれしくなった。

この本は30代前半の「微妙な年頃」の女性を主人公にする5つの短編から成っている。「30代前半の女性」と一言でいっても、それぞれタイプは違っていて、独身もいれば既婚もいて、子供がいる人もいる。
ただ共通しているのは、みんな大手の会社に勤め、十何年かのキャリアを持ち、ばりばり働いているところだ。子供がいる人、にしても、旦那とは別れてしまったシングルマザーだし、唯一既婚の第一話の主人公にしても、仕事を優先するため、子供は作っていない。......つまりどの生き方も、ここ10年くらいでメジャーになってきた女の生き方、なのかもしれない。
角田光代さんの「対岸の彼女」とは違って、子供を産んで専業主婦になっているような女性は出てこない。「30代OLの話」とするとまとまってしまうかもしれない感じ。

私はこの本の主人公たちとは大分違うところで生きているけれど、子育てに専念する専業主婦でもないので、彼女たち以上に微妙なところにいるかもしれない。
ただ本当、この作品は男の人が書いたとは思えないほど、女性のその「微妙」な立場を描き出していて、上手いなぁと感じた。普通の男だったら書けない。女だったら書けるかもしれない。でも、女には書いて欲しくないような気もする、そんな本だった。
一つの話のなか、独身で会社勤めの主人公が、同窓会で子育て真っ最中の専業主婦に会っていう言葉が印象的だった。そしてそのあとの一言のまとめ。
「女は生きにくいと思った。どんな道を選んでも、ちがう道があったのではと思えてくる」
この本の登場人物と同じ世代の女性として時々感じている閉塞感は、この一言に尽きるのかもしれないなぁ、と奥田さんに拍手したくなった。よくぞ言い当てた!(笑)

全員、いろいろなことで悩みながらも、短編の最後はすがすがしく終わる。だから安心して読めた。
ちょっと強引にハッピーエンドにしたというのもなくはなかったけれど、一人一人の一生懸命さに声援を送りたくなり、彼女たちに光(解決にいたる道、考え方)が見えたことを一緒に祝いたくなった。
私もまだまだ微妙な「ガール」なのだけれど(笑)、29の後半や30の前半に感じていたような焦燥感はなくなったし、年相応に仕事のできる(仕事というのは、外の仕事だけじゃなく、家の中の仕事も含めてね)かっこいい「女性」を目指していこう、と思います。

同世代の人には、ちょっと耳の痛い話もあるかもしれないけれど、自分の人生を改めて考えさせられたりもして、いいかもしれない。
男の人にも、「女の世界ってこうなんだ」と知ってもらうために、読んでもらいたいな、なんて思います。

2006年10月24日

劇団ひとり「陰日向に咲く 」


陰日向に咲く陰日向に咲く
劇団ひとり

幻冬舎 2006-01
売り上げランキング : 16532
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

話題になってからだいぶ経ってしまいましたが読みました。
文章力があるとか、文学的だというのとは違うけれど、おもしろかったし、上手かった。上手いのは、キャラクターの作り方かな。ストーリーでも文章でもテーマでもなくただひたすらキャラクター。
有名人が本を出すと、ゴーストだとかよく言う人もいるけれど、これは劇団ひとりというお笑いの人が、そのお笑いの世界を追究しているうちに生まれた副産物という感じがして、誰にもゴーストだと言わせないぞという彼らしさが満ちていた。
この本を読むことで、普段からこの人は、すごい一生懸命、笑いとかおもしろさを追い求めているのだろうな、という「プロ意識」を感じた。そうやって日々積み重ねてきたものは、お笑いという形で舞台に乗ってもいいし、小説という形で出版されても同じことなのではないか、というように思った。
だからこれは処女作ではあるけれど、初めての「デビュー」ではないという感じがした。

多分この本は、たいていの人に「おもしろい」と受け入れられると思う。ただ、「文学」を読み慣れていて、そういうものを求めて手に取った人には、「ちょっと違う」と思わせるものではあるかもしれない。
各ストーリーには落ちがあるのだけれど、「わざわざそんな無理して落ちをつけなくても良かったんじゃない?」というのもあれば、「そういう落ちはよくあるよね」というのもある。そういうところで、「これは文学じゃなくて、きっとお笑いなんだよな」と、自分を納得させないといけない部分などもあった気がする。
(でも、2つくらいは落ちが良かった)
上手く言えないけれど、本をあまり読まない人には、「おもしろかったから読んで」と勧められるけれど、文学仲間には勧められないって感じかな。
ただ、私はありきたりの人間しかあまりかけない人なので、「キャラクターを作る」という意識はとても学べて良かった。
多分、二作目を出したら読むだろう、というくらい気に入ったし。
劇団ひとりは一人ネタをやっているときは近づきたくないほど変な人だけれど、「純情きらり」ではすごい魅力的な人になっていたし、なんか興味をそそられる人ではあるなぁ。今後も期待。

2006年2月20日

三崎亜記 「バスジャック」


バスジャックバスジャック

集英社 2005-11-26
売り上げランキング : 280056
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「となり町戦争」でデビューした三崎さんの二作目の本。短編集だし、それぞれ長さもまちまち、世界観もバラバラで、一冊で一つの話になっている「となり町戦争」に比べると、少し読むのに苦戦した。
 視点などはおもしろいし、テーマも感じられる。ユニークな作家だと思う。ただまだ発展途上という感じがしなくもない。型にはまってしまってもつまらないけれど、もう少し三崎さんのワールドというものが固まってきたら、もっと読みやすく、おもしろくなってくるのでは、と勝手に思った。

 短い話は、星新一を思わせる作品だった。意味が分からないまま話が進み、ところどころでくすっと笑え、そして最後に不気味な印象だけ残る。一番初めの「二回扉をつけてください」などはそんな感じだった。
 一番心に残ったのは「動物園」かな。これは「中編」くらいの長さはあるから、途中少しだれてしまったところもあったけれど、動物のイメージとか、主人公の心とか、きちんとつかまえることができた気がした。
 この本は、発表された順に並んでいるようだし、最後の二作がその「動物園」と、似たように情緒的な「送りの夏」なので、作者はこういう方向に進んでいるのかもしれない。だったらまた次の作品も読んでみたいな、と思えた。
 この人は、発想はエンターテイメントだけれど、書き方は純文学に近いものがあるような気がする。そのバランスの取り方も、今後見守っていきたい要素。
 ......と、なんか偉そうに書いちゃった(笑)

2006年1月17日

三崎亜記 「となり町戦争」


となり町戦争 (集英社文庫)となり町戦争 (集英社文庫)

集英社 2006-12
売り上げランキング : 88324
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 2004年の小説すばる受賞作。
 なかなかおもしろかった。よくこういう作品を思いついたなぁという感じ。自分の住んでいる町ととなりの町の間で知らない間に戦争が始まり(町の広報誌の片隅に戦争が始まると書いてあるというところから、静かに物語は始まる)、実感がわかないままに巻き込まれ、人が死に、そしてよく分からないまま戦争が終わる。小説すばるはエンターテイメントの賞のはずだけれど、とりたててドラマチックに描き出そうという感じでもなく、淡々と戦争が起こっている感じが、逆にリアル。あぁ、今の、戦争を知らない世代にとっての戦争ってこういう感じだよなぁ、と納得する。
 私はまだゲーム世代っていうような世代でもないけれど(でも小学校の低学年の頃ファミコンが出た世代)、でも現実感が希薄だということは時々思う。もっと上の世代にとっては、現実ってもう少し確かな手触りのあるものなんじゃないだろうか、と。
 そういう、なんとなく「希薄」だという感覚だけはある私たちの世代(まぁ三崎さんは私より五歳年上らしいが)には、結構「分かる」話だった。
 三崎さんは「役人」らしいが、役人仕事のおかしさも婉曲的に批判しているようでもあり、でも、私たちの感覚の希薄さと同じくらい、そういう仕事に対しても、「まぁ、しかたないのかも」という視点を持って書いている感じがする。結構重いテーマを扱っているようでいて、結局この話を覆っているのは、あきらめの感覚。
 視点とか設定とか、変にドラマチックにしないで抑えた感じに物語を進めるところには力を感じた。
 ただ、書きたいテーマを作者の言葉で書きすぎているところが気になった。もっと作者の意見は抑えた方が、読者に、不気味さや問題を感じさせることができるのに、と。そこは惜しい。
 でも静かに心に残る作品ではあったと思う。しばらくしたらまた読み直したくなるかもしれない。

 

Top ・ Works ・ Photos ・ Diary ・ Profile