凪~小説・写真サイト~                    
  作品   レビュー   写真   日記   プロフィール
                     


2009年10月18日

2つのセミナーの感想

 10日と15日はセミナーに行った。
 10日は社労士のK先生に誘ってもらい、「職場を"最高の場所"にしよう」ということを理念に活動しているコミュニティのフォーラムに。
 15日は会社のセミナールームを研修会社に一日貸し出していたのだけれど、そこで行われていた「ソリューション・フォーカス」のセミナーに参加させてもらった。

 それぞれ非常に刺激的で、学びの多いセミナーだった。
 誘ってくれたK先生とフォーラムの方、研修会社の人と、勤務時間中にほぼ丸一日セミナーを受けさせてくれた社長に感謝。

 10日は、ワークが中心のセミナーだった。
 色々問題がぎっしり詰まった「普通の会社」の問題について、7人ずつのチームになって、「ここからどうやったら解決に向かえるか」を考え、その「解決への行動」を演じてみる、というワークがメインで、非常に面白かった。
 どんなにどん詰まりに思える状況でも、なにかひとつは誰にでもできることはあり、問題はそれに気づけるか、気づいたら行動に移せるか、ただそれだけなんだな、と学んだ。
 つい、上の人が悪いから、とか、会社の体制がいけないから、とか、言い訳しがちだけれど、どんな立場にいる人にも、できることは必ずある。
 どんなところからでも、「最初の一歩」を踏み出す大切さ、みたいなものを痛感した。
 K先生以外は初めて会った人ばかりだったのに、ワークが満載のセミナーだったので、色々な人ととても親しく話すことができ、非常に楽しく、充実した時間を過ごせた。
 たまにはやはり、外の空気を吸うのも大切。
 このフォーラムはビジネスではなく、運営はボランティアのようなものだったけれど、そういう熱意のある人たちが安い参加料で質の高いセミナーを開いたとき、セミナーをビジネスにしている立場としては、何ができるのだろう、ビジネスとしてする強みはなんだろう、ということも色々考えた。
 そんなことも含めて、また一歩、前に進めたら、と思う。

 15日のセミナーは、「ソリューション・フォーカス」をテーマにしたものだった。問題が起こったとき、その解決手段として、「なぜこの問題が起こったのか」という原因を徹底的に追究し、その原因を取り除く、というのが「プロブレム・フォーカス」の考え方。逆に「ソリューション・フォーカス」というのは、問題そのものより、その問題を解決したあとの「目指すべき姿」のほうを意識する、という考え方。
 技法としては、7つほどあるようだけれど、たとえばその一つが「フューチャー・パーフェクト」
 たとえば、現在、職場で問題が起こっているとしたら、「その、問題が解決したら、社内の様子は、いまとどんなふうに違っていると思いますか?」と聞き、自分の目指しているのは、「どうなっている」状態なのか具体的にイメージさせることができるというもの。

 もともとこの考え方は、カウンセリングの場で生まれ、プロブレム・フォーカスのセッションでは100回ほど掛かった事例も、3回ほどで解決できるようになった、という。
 そういえば五年ほどまえ、知り合いがカウンセラーの資格を取ったのだけれど、その手法も、この考え方に乗っとっていた。
 たとえば、「奇跡が起こり、朝起きたら願いがすべてかなっていました。あなたはそのことに、まず、なにで気づきますか? そのとき、あなたの部屋は、今とどんな風に違っていますか?」ということを聞くのだと、その友だちには教えてもらった。
 そのとき、ベッドのカバーの色が、イメージしたものと今使っているものが違ったら変えてもらう、とか、そういう小さな、簡単に変えられるところから変えていくらしい。

 問題を徹底的に追及して、問題を取り除くということも、技術的な仕事には欠かせない作業だと思うけれど、「ソリューション・フォーカス」の考え方も、臨機応変に取り入れていくとおもしろいかもしれない。

 あと、おもしろいと思うのは、「10回やって1回しかできなかった」というとき、大抵の場合は「なんで9回も失敗してしまったのだろう」と考えるけれど、ソリューション・フォーカスでは「10回のうち、たまたまできたこの1回の成功要因はなんだったのだろう」と、できたほうに視点を向け、そこから他の9回を成功させるヒントを得る、というもの。
 そういえば、ひすいさんの「名言セラピー」にも似た話があったけれど、こういう考え方は、一朝一夕に身につくものではないから、普段から意識して使っていかれたらいいな、と思う。

 ソリューション・フォーカスについては、本も何冊か出ているようなので、興味がある方にはお勧めです。

新しいブログにて活動しています。

「働くビタミン・生きるミネラル」

自己肯定感を高め、自分の心を満たし、しあわせに生き、しあわせな人間関係を構築し、しあわせに働くためのヒント集です。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nagi97.com/mt/mt-tb.cgi/49

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

 

Top ・ Works ・ Photos ・ Review ・ Profile